少女椿|MOVIE WALKER PRESS
MENU

少女椿

2016年5月21日公開,90分
R15+
  • 上映館を探す

丸尾末広の同名カルト漫画を、モデルの中村里砂主演で映画化。サーカス団に拾われた孤独な少女みどりは、そこでワンダー正光という超能力者と出会うが……。監督は、短編映画「ミガカガミ」が国内外の映画祭で多数受賞したTORICO。出演は、「猫なんかよんでもこない。」の風間俊介、バンド・SuGの武瑠、「花鳥籠」の森野美咲、「アキラNo.2」の佐伯大地、「新宿スワン」の深水元基。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある時代の東京。病気の母親と暮らす14歳のみどり(中村里砂)は、家を出て行った父親の代わりに花売りをして家計を助けている。ある日、みどりが家に帰ると母親はすでに息絶えていた。一人ぼっちになったみどりは、地方巡業に回る赤猫サーカス団の団長・嵐鯉治郎に下働きとして拾われる。サーカス団には、怪力自慢の赤座、美少年のカナブン、蛇使いの紅悦、足芸の鞭棄、異人の海鼠、蟻男といった個性的で怪しげな面々がいた。みどりは苛めにあいながらも健気に日々を送り、東京の我が家を懐かしんでいた。ある日、ワンダー正光という超能力者がサーカス団に入る。苛められるみどりを見たワンダー正光は彼女を気にかけ、自らの超能力で不思議な光景を見せる。みどりは次第に彼の優しさに心を寄せるようになる。ワンダー正光の評判はあっという間に広がり、サーカス団は大盛況となる。彼の人気に嫉妬した団員たちはみどりを苛める。みどりのことを愛していたワンダー正光はそれに怒り、超能力で団員たちを従わせる。それに嫉妬した鞭棄は力ずくでみどりを振り向かせようとするが、激怒した正光の超能力によって殺される。その光景を見たみどりはワンダー正光を恐れ、避けようとするが……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2016年
製作国
日本
配給
リンクライツ
上映時間
90分

[c]2016『少女椿』フィルム・パートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • イナムー216

    3
    2016/9/28

    こんな映画を観ていることが他人に知れたら信用が落ちるのではないかというようなグロテスクな映画ですが、その割には客席には女性の姿が目立ちました。
     アニメ版の作品が上映禁止になった国もあると聞いておりましたが、本作はそこまでのことは無かったので、実写なだけにオブラートに包んだということでしょうか。
     私はホモっけは無いつもりですが、カナブン役の男性が笑窪がくっきり出て可愛いのにはビックリしました。
     主人公の中村里砂さんを存じ上げなかったので、ネットで検索したらモデルさんで、中村雅俊・五十嵐淳子夫妻のお嬢さんだということでした。言われてみれば、そうと気がつかなかったことが不思議なくらい、お母さんそっくりの目をしていらっしゃいます。『生き写し』の凡例として何かの辞典に載せてもらいたいくらいです。
     彼女は可愛い役だったので良いとして、あのジャニーズ事務所の風間俊介くんが【良く引き受けたよなー】みたいな変な役で出ていました。悪役で仕事の幅を広げるのも良いけど、あれは次には繋がらないと思うけど…。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    3
    2016/6/23

    【賛否両論チェック】
    賛:意味不明な内容の中にも、少女の純粋な願いが儚く描かれ、奇術の助けも相まって先の読めない形で結実していくのが、痛快であり印象深い。
    否:ストーリーや演出はかなりシュールなので、好みに合わないと極めて苦痛。ラブシーンやグロシーンも多数あり。

     その設定自体もシュールですが、急に幻想的なシーンになったり、アニメーションになったりと、演出もかなり奇抜です。もうそこからして好みは分かれる感じだとは思いますが(笑)、展開も結構意味不明で、人によっては苦痛なことこの上ないかも知れません(笑)。
     ただ、そんな中でも一貫して描かれるのは、
    「誰かから大切にされたい・・・」
    と願う少女の、純粋な気持ちです。彼女の願いを叶えようとする奇術師によって、その想いが予測不能な方向へと進んでいく様は、訳が分からないストーリーの中にも痛快さがあります。
     シュールな作品が好きな方には、是非オススメの1本です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告