TOP > 上映中の映画作品を探す > はなくじらちち

はなくじらちちの画像

次世代を担う映画監督の発掘と育成を目指す文化庁の委託事業『ndjc2015(若手映画作家育成プロジェクト2015)』の一篇。15年前に家族を捨てたホームレスの哲治がプロレスラーとなった娘の花と再会、その恋人でマネージャーの鯨と三人で旅を始める。監督は「リスナー」の堀江貴大。出演は「ライヴ」の森下能幸、「愛を語れば変態ですか」の黒川芽以、「シティボーイズのFilm noir 俺の切腹」の夙川アトム、「カニを喰べる。」の水澤紳吾、「カラアゲ★USA」の中村ゆうじ。佐藤快磨監督の「壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ」、ふくだももこ監督の「父の結婚」、藤井悠輔監督の「罪とバス」と同時上映。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

15年前に家族を捨てホームレスとなった哲治(森下能幸)は、乗り捨てレンタカーの返却業で日々食いつないでいる。いつものように月極コインロッカー屋で仕事の支度をしていると、そこに現れたのは娘の花(黒川芽以)。15年ぶりの再会であったが、哲治は出会い頭にラリアットをされそうになる。実は花は女子プロレスラーになっていて、花の恋人でマネージャーの鯨(夙川アトム)も一緒に来ていた。花の目的は父親にラリアット、そして鯨の目的は結婚の挨拶であった。人違いだとか記憶喪失だとか言い訳をして哲治はその場から逃げようとするが、花と鯨は逃そうとしない。そんな中、返却する乗り捨てレンタカーでの三人旅が始まる。旅の果て、思い出の地で明かされる哲治が蒸発をした理由とは……。

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 映像産業振興機構(VIPO)
上映時間 30
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 堀江貴大
脚本 堀江貴大
製作総指揮 松谷孝征
プロデューサー 川田尚広
音楽 堤博明
撮影 村埜茂樹
録音 鶴巻仁
照明 小笠原篤志
編集 上野聡一
助監督 武鑓加恵
制作担当 桑原学
装飾 うてなまさたか
衣装 浜辺みさき
ヘア・メイク 鷲田知樹
音響効果 松浦大樹
スクリプター 樽角みほり
音楽プロデューサー 成川沙世子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > はなくじらちち