映画-Movie Walker > 作品を探す > 罪とバス

罪とバスの画像

VIPO(=映像産業振興機構)企画による文化庁委託事業“若手映画作家育成プロジェクト2015”で製作された短編映画。中古車販売店を経営する男を主人公にしたドラマ。監督は、CM制作会社に勤務しながら自主映画を製作する藤井悠輔。出演は「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」の阿部進之介、「クロスロード」の渡辺大

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

中古車販売店を経営しながら自由気ままに暮らしている豊田ゴローの元に、妻に追い出された弟のヨシオが転がり込んできた。ある日、ゴローは、停学処分を受けた女子高生のちひろと母親の尚美に遭遇。尚美から、失踪した恋人の鈴木を探してほしいと頼まれたゴローとヨシオは、鈴木が働いていた解体屋の社長・川崎を訪ねるが……。人生はそう上手くはいかない。それでも、前向きに受け入れようとする人たちの苦くて、優しくて、ちょっぴり切ない物語。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 映像産業振興機構(VIPO)
上映時間 30
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 藤井悠輔
製作総指揮 松谷孝征
プロデューサー 角田朝雄
脚本 藤井悠輔
撮影 栢野直樹
音楽 海田庄吾
音楽プロデューサー 津島玄一
美術 神田諭
編集 大畑英亮
録音 室薗剛
キャスティングプロデューサー 福岡康裕
助監督 高橋正弥
照明 松田直子
装飾 大庭信正
制作担当 原田文宏
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ライオン・キング
ライオン・キング

ディズニーの人気アニメーション『ライオン・キング』を新たな映像表現で実写映画化

天気の子
天気の子

家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語を紡ぐ、新海誠監督によるアニメーション

ダンスウィズミー
ダンスウィズミー

矢口史靖監督が三吉彩花を主演に自ら脚本も手掛けて挑む初のミュージカルコメディ

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 罪とバス