TOP > 映画作品を探す > ドッジボールの真理 code01 伝説のレッドブルマー

「サル」シリーズの葉山陽一郎監督による青春スポーツコメディ。かつてのいじめっ子とのドッジボールの試合に臨む少女。そこへ彼女を救った伝説の少女が現れ……。オールグリーンバック撮影をし、CGアニメーションと実写を融合させた。テレビドラマ『東京少女 福永マリカ』で主演だけでなく脚本も手がけた福永マリカら、フレッシュな女優陣が揃う。三部作のうちの第一篇。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

結城真理(福永マリカ)は中学時代にいじめられていた。体育の時間に真理がドッジボールで狙われているところへ、突然謎の美少女が出現。真理をいじめる生徒たちを瞬く間に懲らしめる。真理を助けた彼女は、電光石火のレイと名乗り、姿を消していった。その後私立の女子高に進学した真理は、強くなるために鍛え、自らドッジボール部を設立。大会に出場し、順調に勝ち進んでいく。そんな中、真理のクラスにひとりの少女が転校してきた。一文字レイという名前を聞き、あの日助けてくれた謎の少女のことが真理の頭によぎる。ドッジボール大会決勝戦の相手は、代官山クラッシャーズ。かつて真理をいじめた生徒たちが集まるチームだった。敵の策略によりたった一人で試合に臨まざるを得なくなってしまい、危機に陥った真理の前に、真紅のブルマーを履いた一文字レイが現れる。真理とレイ、そして代官山クラッシャーズの死闘がはじまった……。

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 シネアスト(配給協力 アルゴピクチャーズ)
上映時間 60
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作総指揮 小林直之
監督 葉山陽一郎
脚本 葉山陽一郎
原作 葉山陽一郎
撮影 横山拓矢
プロデュース 岡田裕
照明 金谷真人
音楽 野島健太郎
監修 矢部一男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ドッジボールの真理 code01 伝説のレッドブルマー