映画-Movie Walker > 作品を探す > マギー

予告編動画を見る マギーの画像

アーノルド・シュワルツェネッガーがゾンビ化する娘を守ろうと苦悩する父親を演じ、自ら製作も手がけた人間ドラマ。人々をゾンビ化させるウイルスが蔓延する近未来を舞台に、父娘の愛を描く。アビゲイル・ブレスリンがゾンビ化していく娘に扮し、愛する家族を襲うかもしれないという不安にさいなまれる心情を丁寧に演じる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 7
レビュー 1
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (3)
星3つ 100% (3)
星2つ 33% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

近未来のアメリカ。感染するとゾンビ化する壊死性ウイルスが爆発的に流行しており、田舎の小さな町に住む16歳の少女マギー(アビゲイル・ブレスリン)もこのウイルスに感染する。感染者たちは当局によって、社会から隔離された特別病棟に収容されることになっていた。そこで苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えた彼らが、その後どうなるかが語られることはない。感染の診断を下されたマギーは姿を消すが、父のウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)が捜し出し、家族のもとへと連れ帰る。マギーは実母を数年前に亡くしており、家には継母にあたるキャロライン(ジョエリー・リチャードソン)と下の子2人がいる。ウェイドは大事なマギーを可能な限り手元に置くことにし、隔離命令を持って現れた地元警察を追い返す。しかし、マギーの苦痛に満ちた変化は徐々に進行していき、キャロラインは2人の子供を連れて出て行く。為すすべもなく苦しむマギーを見守るしかないウェイドに、決断の時が迫る……。

見たい映画に
登録した人
27

作品データ

原題 MAGGIE
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ポニーキャニオン
上映時間 95
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

シュワちゃんの新境地

投稿者:tom

(投稿日:2016/03/06)

最初から最後まで重苦しく映像も暗く、 シュワちゃんまで重苦…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

ピチピチのキャミソールで女装も披露!?シュワちゃんがはしゃぎ過ぎな殺し屋に!
ピチピチのキャミソールで女装も披露!?シュワちゃんがはしゃぎ過ぎな殺し屋に!(2018年7月11日 18:03)

盟友シルヴェスター・スタローンの72歳のバースデーパーティに贈られたビデオメッセージで、自身の放ったジョークに爆笑しながらお祝いコメントを述べるユーモラスな姿が…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マギー