映画-Movie Walker > 作品を探す > ボクの妻と結婚してください。

ボクの妻と結婚してください。の画像

織田裕二が愛する家族の未来のために、再婚相手を探す男を演じるラブストーリー。世の中のいろんな事を好奇心で“楽しい”に変えてきた放送作家が、人生の最後に妻のために最高の結婚相手を探そうとする姿が描かれる。吉田羊が主人公の妻を演じ、『県庁おもてなし課』など人間ドラマに定評のある三宅喜重が監督を務める。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 29
レビュー 9
投票 20
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 77% (7)
星4つ 100% (9)
星3つ 77% (7)
星2つ 44% (4)
星1つ 22% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

バラエティ番組の放送作家をしている三村修治(織田裕二)は12本ものレギュラーを抱え、忙しい日々を送っていた。ある日、体に異変を感じた彼は検査を受け、末期のすい臓がんで、余命6ヶ月と宣告される。だが、1日でも長く延命し家族と静かに過ごすという最期の過ごし方ではおもしろくない。放送作家として、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で“楽しい”に変えて来た修治はそんな思いから、家族に遺す“最期の企画”を練り始める。専業主婦の妻・彩子(吉田羊)は、小学生の息子・陽一郎を抱え苦労するだろう。また、気丈そうに見えてもろいところがあるので、何とかして笑顔にしてあげたい。そんなことを思っていたとき、結婚相談所の看板を見かける。修治は、自分がいなくなっても妻が前を向いて進めるように、妻の結婚相手を探すことにする。婚活市場を勉強し始めた修治は、自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入する。さらに、元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知ると、なんとか協力を取り付け、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。そして現れたのは、真面目で誠実なインテリア会社社長、伊東正蔵(原田泰造)だった。修治の、まさに命がけのプロジェクトが始まる……。

見たい映画に
登録した人
42

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 114
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 三宅喜重
製作 横澤良雄市川南
チーフプロデューサー 重松圭一上田太地春名慶
プロデューサー 阿部謙三青木裕子前田光治
原作 樋口卓治
脚本 金子ありさ
撮影 清久素延
VFX 廣田隼也
音楽 菅野祐悟
制作統括 山内章弘
プロダクション統括 佐藤毅
共同製作 永田芳男村田嘉邦古川公平高橋誠吉川英作荒波修
主題歌 中島美嘉
選曲 泉清二
美術 金勝浩一
編集 普嶋信一
録音 郡弘道
スクリプター 木村晃子
音響効果 大塚智子
助監督 中西正茂
照明 加藤桂史
装飾 岩井健志
ラインプロデューサー 大谷直哉
製作担当 相良晶

レビュー

人生を楽しむ力

投稿者:ローズ

(投稿日:2016/11/28)

末期がんで余命わずかと宣告を受けた放送作家の三村は、妻のため…

[続きを読む]

支持者:0人

予定調和の中にも、ハッとする家族愛。奇想天外な企画の真実とは。

投稿者:門倉カド

(投稿日:2016/11/22)

【賛否両論チェック】 賛:自らの命の終わりと向き合いながら…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ボクの妻と結婚してください。