TOP > 上映中の映画作品を探す > 大地を受け継ぐ

原発事故の影響で作物出荷停止の措置を受け、命を絶った農家の男がいた。彼の息子は今もその土地を耕し、作物を作り続けている……。福島県須賀川市を訪れた東京の学生がその4年間の物語に心を揺さぶられる様を捉えたドキュメンタリー。監督は、「いきもののきろく」の井上淳一

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
5

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2015年5月、東京の16歳から22歳までの学生が福島県須賀川市にある、福島第一原発から約65km離れた一軒の農家を訪れた。そして、出迎えた息子と母親の4年間の物語に耳を傾ける。2011年3月24日、須賀川市で農業を営む男性が自ら命を絶った。原発事故を受け、地元の農業団体から作物の出荷停止のファックスを受けた翌朝のことだった。彼は息子に、「お前に農業を勧めたのは、間違っていたかもしれない」と言い残した。それから4年が経ち、息子は母とふたりで、汚された土地で農作物を作り続けている。福島の米や野菜は今までの値段では売れないし、売れても黒字にはならない。農業だけで生きていくことは難しい現状だが、自死した父や先祖が代々受け継いできた土地を捨てるわけにはいかないと、彼らは土を耕し、作物を作り続けている。父は、「いい土を作らないと美味い野菜はできない」と言い続けていた。毎年食べていた椎茸、ふきのとう、たらの芽、山菜は今、この土地にはない。検査しているとはいえ、汚染された地で育てた作物を流通させることに、生産者としての罪の意識もある。紛争解決センターでの裁判、東電からの補償金、身内からの非難など、次々と内外の葛藤が押し寄せる。これは決して報道されることのなかった真実の告発であり、4年間の決意と軌跡である。「これは風評じゃない、現実なんだ」という息子の言葉を聞いた学生たちは何を想い、何を受け継ぐのだろうか。

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 太秦
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井上淳一
企画 馬奈木厳太郎
プロデューサー 小林三四郎
撮影 鍋島淳裕桑原正祀堀部道将西佐織
照明 堀口健
録音 光地拓郎
整音 臼井勝
編集 蛭田智子
助監督 植田浩行
製作進行 長谷川和彦
宣伝プロデューサー 矢澤一範
海外窓口 中西佳代子
エンディング曲 フラワーカンパニーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 大地を受け継ぐ