映画-Movie Walker > 作品を探す > 世紀の光

予告編動画を見る 世紀の光の画像

「ブンミおじさんの森」でカンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝いたアピチャッポン・ウィーラセタクンが2006年に発表した作品を劇場公開。ユーモアとミステリアスなムードを取り入れつつ、“記憶の感覚”を蘇らせることに挑んだ。地方の緑豊かな病院を舞台にした前半と、近代的な白い病院を舞台にした後半の2パートで構成される。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 0
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 50% (1)
星3つ 100% (2)
星2つ 100% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

豊かな緑に囲まれた地方の病院。女医のターイ(ナンタラット・サワッディクン)が、ノーン(ジャールチャイ・イアムアラーム)の面接をしている。ノーンは軍で医学を学び、今日から病院で働き始める青年だ。その部屋にはもう1人の青年トアも待っている。ターイの毎日は忙しい。今日は近くの寺の僧院長の診察もある。そんな中、トアがターイに突然、求婚する。トアに恋の経験を聞かれ、かつての思い出を語るターイ。彼女は以前、ランの養殖をするヌム(ソーポン・プーカノック)に恋をした。だが、ヌムには別の想い人がいた。ジェンおばさん(ジェーンジラー・ポンパット)と呼ばれている女性で、彼女は事故のために右足が左足より短くなっていた。一方、病院の歯科治療室では、若い僧侶サクダー(サクダー・ケーオブアディ)が治療を受けている。歯科医のプルは、実は自分は歌手でもあるという。お祭りの夜、歌手としてステージに立つプル。寺の仕事が忙しく、歌を聞くことができなかったサクダーは、夜の病院でプルに会う。プルはサクダーが木から落ちて死んだ弟の生まれ変わりのようだと告げた。近代的な白い病院。ターイがノーンを面接している。トアもそこにいる。ノーンは先輩の医師から、軍関係者が入院しているという病院の地下に案内され、そこでナン先生とワン先生という2人の女医に会う。ワン先生は義足の中にお酒を隠していて、ノーンに勧める。地下にはオフという青年が入院していて、ワン先生はオフに“チャクラ”の施術を試みる。1日の終わり、ガールフレンドがノーンを待っていた。来年開業する新開発地域に職場を移す彼女から、その地域の病院に来るよう勧められるノーンだったが、あまり気乗りがしていない。病院の地下では、何かの工事が進んでいる。大きなダクトに吸い込まれてゆく白い煙。公園には肩を寄せる恋人たちや、お喋りに花を咲かす老人たちの姿。人々はエアロビクスに熱中している。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

原題 แสงศตวรรษ
製作年 2006年
製作国 タイ フランス オーストリア
配給 ムヴィオラ
上映時間 105
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 世紀の光

ムービーウォーカー 上へ戻る