映画-Movie Walker > 作品を探す > バーバリアンズ セルビアの若きまなざし

2008年のコソボ独立反対運動にインスパイアされた、セルビア出身のイヴァン・イキッチ監督の長編デビュー作。かつて工業地帯として栄えた町を舞台に、理想とは程遠い現実の中で、夢も希望もなく生きる若者たちの姿を描く。主演のジェリコ・マルコヴィッチネナド・ペトロヴィッチなど、リアリティを追求するため、出演者には地元の不良少年たちが起用されている。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2008年2月17日、コソボはセルビアからの独立宣言を行い、セルビア政府は強く異議を唱えた。精神的に大人になり切れず、仮釈放中の問題児ルカ(ジェリコ・マルコヴィッチ)は、かつて工業地帯として栄えた町ムラデノバツに暮らしていた。セルビアの首都ベオグラードから50kmほどの距離にありながら、閉鎖的な街をうろつくだけの毎日を過ごすルカにとって、鬱屈した生活の中で唯一発散できることは、地元サッカーチームの応援。サポーターを仕切るリーダーのフラッシュ(ネナド・ペトロヴィッチ)は親友で、いつも夜中まで一緒に飲んで騒いでいた。そんなある日、ルカは自宅にやって来た社会福祉士から、家族の秘密を聞かされる。コソボ紛争で死んだと思われていた父が生きており、ルカを捜しているというのだ。突然の事に当惑するルカ。何故か母は、父の消息をひた隠しにしていた。家族の問題が解決されないまま、仮釈放中のプレッシャーや恋の悩みなどで苛立ちを抑えられなくなったルカは、いざこざを起こして地元サッカーチームのトップ選手の脚を折ってしまう。これによってチームのメンバーやサポーター、さらには友人たちからも追われることになったルカは、行き場を失くす。そんなある日、一方的に独立を宣言したコソボに対する抗議デモがベオグラードで行われ、多くの若者が参加。ルカも仲間たちとデモに向かうが、信念もなく、ただ暴れて強奪を楽しむ仲間の姿を見て、ふと我に帰る。“一体、自分は何者で何がしたいのだ……?”自問自答したルカは仲間たちから離れ、ベオグラードにいる父に会うため、バスに飛び乗るが……。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

原題 VARVARI
製作年 2014年
製作国 セルビア モンテネグロ スロヴァニア
配給 アニモプロデュース
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > バーバリアンズ セルビアの若きまなざし