マクベス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マクベス

2016年5月13日公開,113分
PG12
  • 上映館を探す

実在のスコットランド王マクベスを主人公にしたシェイクスピアの戯曲を、マイケル・ファスベンダー主演で映画化した人間ドラマ。野心に取りつかれ、妻とともに王殺害を企てる将軍マクベスの悲劇が描かれる。『エディット・ピアフ 愛の讃歌』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたマリオン・コティヤールがマクベスの妻を演じる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

戦地からの岐路、謎めいた魔女と出会い、自分が領主となり、やがて王になるという予言を聞いたマクベス将軍。予言通りに、亡くなった領主の代わりにコーダの領主となった彼は、ダンカン王への忠誠心とは裏腹に、王座への野望を抱きはじめる。夫人も彼の良心を消し去ろうと画策するなか、王が彼の城に宿泊する日がやってくる。

作品データ

原題
MACBETH
映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
イギリス フランス アメリカ
配給
吉本興業
上映時間
113分

[c]2015 / STUDIOCANAL S.A. - Channel Four Television Corporation 2015 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.6
  • ひゃん

    3
    2016/6/16

    奇しくも蜷川さんが…という時期に観たのでその意味で感慨深い
    鑑賞にはなったが、各々の心情やドラマ性に乏しく、その代わり
    迫力ある映像美アリといった感想。マクベス&妻の野心と破滅を
    ジャラジャラした装飾品と共に堪能できるが、舞台の要素が強い
    内容を敢えて映像主体で間を持って描くとこうなるんだわな~と
    静寂が眠気を誘う部分も大きい。魔女の占いを信じすぎた結果の
    悲劇的末路も、そもそもアンタ達が悪いんでしょーが。と元も子
    もない感想しか持てない私には俳優陣のさすがの熱演だけが残る。

    (このメンバーで新作が待機中。そっちのが楽しみだったりして)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    2
    2016/6/10

    【賛否両論チェック】
    賛:主人公が野心に駆られて身を滅ぼしていく姿が淡々と描かれ、重厚な世界観の悲劇を、見事に体現している。
    否:展開は結構淡々としていて、セリフも古風なので、文学に興味がないと眠くなりそう。

     あのシェイクスピアの「マクベス」の世界観を、見事に1つの映画として作り上げています。預言と野心に囚われ、次第に人の道を踏み外していくマクベスの姿と、そんな彼が殺した者の幻影に悩まされ、破滅していく様が、重厚で荘厳な雰囲気の中で描かれていきます。
     ただ、やはりどうしても基が古典文学なため、展開が淡々としていたり、セリフの言い回しなんかがかなり気難しかったりするので、興味がないと退屈で眠くなること必至です。
     基本的には、純文学が好きな方向けの大作といえそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • gutenberg

    1
    2016/5/18

    シェイクスピアは大体読んでいるし、この作品も好きだし、出演俳優も好きなので、それなりに期待して鑑賞。
    残念ながら全くつまらなかった。暗いだけ。せっかくの魔女の予言も、森が動くところなどなぜもっとドラマチックに映像表現しなかったか理解に苦しむ。
    ……古英語の勉強をしたい方にはお勧めかな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告