無限の住人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

無限の住人

2017年4月29日公開,141分
PG12
  • 上映館を探す

不死身の用心棒の生きざまを描く、沙村広明による人気コミックを、木村拓哉主演で映画化した異色時代劇。少女の仇討ちを助ける事になった永遠の命を持つ人斬り・万次を待ち受ける数奇な運命がつづられる。監督は、これまでにも実写不可能と言われてきたコミックを次々と手がけてきた鬼才・三池崇史。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

伝説の人斬りと恐れられた万次は、罠にはめられて妹を亡くし、生きる意味を失った時、謎の老婆に無理やり永遠の命を与えられてしまう。以来、永遠の時をただ孤独に生き続ける万次の前に、親を殺され、仇討ちの助っ人をしてほしいという少女が現れ、剣を手に取る。だが、それは不死身の彼をも追い込む、予想外の戦いの始まりだった。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
141分

[c]沙村広明/講談社 [c]2017映画「無限の住人」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.5
  • あちゃぺ

    3
    2019/2/21

    みなしごを守るために決闘に勝利するも、瀕死の状態の「マンジ」に無限の住人が「虫」を植え付けた。そこから「マンジ」の無限の命が続くことになる。
    無限の住人=不老不死…人類が古(いにしえ)から手に入れようと不断の努力で目指したもの。しかし、それを手に入れて思うのは、「死への憧れ」…。つまり、人間は手に入らないものを常に欲しがり、いざ手に入るとその真逆のものを欲するという生き物。
    医学という不老不死を目指す学問がその使命を果たした末には、今度は死を目指す学問が発達してくると思われる。…実際そういった動きもある。
    そうとはいえ、映画は面白く出来上がっていて、三池監督らしい映像が随所に観れてよかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • づーめ

    3
    2018/10/21

    原作漫画、読了済。

    ・観る前・・・まーた三池監督の漫画実写化? 万次がキムタク?ありえねー だいたいキムタクvs300人って原作にそんなシーンねぇし、そもそも万次って不死身なだけで原作でもそんな強くねーし。

    ・観た後・・・まあまあ? キムタク万次は意外と泥臭かった。最強美青年剣士・天津が良かったからな。福士蒼汰Good。
    でも最強薄幸美女剣士・槇絵はもうちょっとエロくて儚い方が。戸田恵梨香惜しい。
    無骸流の面々は空気。
    最後は無茶苦茶。カメラアングルぐりぐり変えて殺陣の下手くそさを誤魔化しすぎ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 秋楡

    1
    2018/3/5

    レビューにあまり酷評は書きたくないのですが…でも私にはこの映画は無理でした。飽きて途中で寝てしまいました。というか、途中で映画館出ようかと思ったのですが、福士蒼汰君のファンの人と見に行ったので出ることが出来ず。

    そんな福士蒼汰くんはさすがにかっこよかったです。あと黒衣鯖人の北村さんの存在感は言わずもがな。それと戸田恵梨香さんが出てくるとなぜか「ハッ」と目が覚めてスクリーンにくぎ付けになりました。姐さんって感じで素敵でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告