映画-Movie Walker > 作品を探す > 種まきうさぎ フクシマに向き合う青春

福島第一原子力発電所の現状を伝えるため作られた、福島の高校生による朗読グループ・たねまきうさぎの活動を追ったドキュメンタリー。監督は「Workers ワーカーズ」の森康行。ナレーションは、「トイレのピエタ」の大竹しのぶ。マーシャル諸島の人々や全国の若者たちとの交流のほか、復興にあえぐ農民や漁師の姿を描き出す。福島映像祭2015出品作品。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2011年、東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故の現状を知ってもらおうと作られた、福島の高校生の朗読グループ・たねまきうさぎは、全国各地の高校生や若者たちと交流し、世界の核被害と向き合う人々とも出会いながら学んでいる。たねまきうさぎのメンバーは、60年間も放射能と闘い続けているマーシャル諸島を訪れる。マーシャルの人々は、「我々は何もできない核被害者ではない」「我々はサバイバーである」と語る。60年、核被災と闘い続けたマーシャルの人々の生き方から学び、今後どのように生きていったら良いのか、勇気づけられた福島の若者たち。平和を学び、平和を築くたねまきうさぎの呼びかけに応えて、全国各地で核と平和を学ぶ高校生・若者が福島に集まる。そこには広島に留学中の、旧ソ連の水爆実験地であったカザフスタン出身の少女も参加していた。いままであまり描かれてこなかった映像を交え、若者たちの交流をカメラに収めていく。そして、今なお汚染水に苦しむ漁師や、放射能に土地を奪われた農民の姿などを追っていくなか、若者たちの平和の種まきが広がり、平和の種が芽生えていく。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 種まきうさぎ製作委員会
上映時間 87
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 森康行
企画 山下正寿斎藤毅
撮影 野間健西島房宏川越道彦
マーシャル島撮影 藍原寛子
音楽 浦木正志
編集 古賀陽一
音響効果 八重樫健二
ナレーション 大竹しのぶ
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 種まきうさぎ フクシマに向き合う青春

ムービーウォーカー 上へ戻る