映画-Movie Walker > 作品を探す > 蜃気楼の舟

蜃気楼の舟の画像

ホームレスの老人たちから生活保護費を搾取する仕事に従事していた男が、幼い頃に別れた父親との再会をきっかけに、揺れ動いてゆく姿を綴ったドラマ。引き籠りの青年を描いた「今、僕は」が高評価を受けた竹馬靖具監督の第2作。出演は「朱花の月」の小水たいが、連続テレビ小説『まれ』の田中泯坂本龍一がテーマ曲を手掛けている。

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京近郊に住むその男は、都会からホームレスの老人たちを連れ去り、“囲い屋”と呼ばれる簡易宿泊所に住まわせ、生活保護費をかすめ取る仕事をしていた。まるで豚小屋のようなところにすし詰めにされ、家畜のように扱われる老人たち。母親を亡くし、父親に捨てられた過去を持つ男は、良心の呵責を感じることなく淡々と作業をこなす。そんな日々が過ぎて行く一方で、その日常とは別にもう一つの世界が存在していた。冷たく静寂に満ちた幻想空間を得体のしれない引力に導かれ、彷徨い歩く男。それは、果たして彼の夢なのか?それとも記憶の残像が見せる幻なのか……?男を照らす2つの世界。ある日、男はいつものように東京から囲われてきた老人の中に、見覚えのある顔を発見する。その老人は、男が小さい頃に行方不明になった父親だった。父との再会により、初めて男の心は揺れ始める。その揺れは、彼の日常ともう一つの世界とが交わるきっかけとなる。導かれるように父を連れて囲い屋を出た男は、自身の欠落を問うために車を走らせる。2つの世界の間を揺れ動くドライブの中で、父と訪れた廃墟には母親の幻影が彷徨っていた。そして、現実と幻想の狭間を航海する一艘の舟が意味するものとは……?

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 アップリンク
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 竹馬靖具
製作 chiyuwfilm
プロデューサー 竹馬靖具汐田海平
脚本 竹馬靖具
撮影 佐々木靖之
音楽 中西俊博
編集 山崎梓竹馬靖具
録音 上條慎太郎
ヘアメイク 寺島和弥
助監督 池田健太
照明 關根靖享
整音 鈴木昭彦
テーマ曲 坂本龍一
スタイリスト 碓井章訓
効果 堀修生

キャスト

囲い屋で働く男 小水たいが
浮浪者となった父 田中泯
ミツオ 足立智充
青い服の女 小野絢子
白い服の女 竹厚綾
川瀬陽太
高野春樹
玉井英棋
大久保鷹
中西俊博
北見敏之
三谷昇
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 蜃気楼の舟