映画-Movie Walker > 作品を探す > 犬に名前をつける日

犬に名前をつける日の画像

4年間にわたり取材した動物愛護センターや犬猫の保護団体の映像に、それを取材する女性テレビディレクターの葛藤を描くドラマを加えたドキュメンタリードラマ。監督・脚本は、「すべては海になる」の山田あかね。出演は、「紙の月」の小林聡美、「二流小説家 シリアリスト」の上川隆也、「挑戦」監督の渋谷昶子

4/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 2
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 50% (1)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

愛犬のゴールデンレトリーバーのナツを重い病気で亡くし、無気力となったテレビディレクターの久野かなみ(小林聡美)は、大先輩の映画監督・渋谷昶子に励まされ、犬の命をテーマにした映画を撮り始める。飼い主のいない犬と猫は、動物愛護センターで一定期間保護され、飼い主や引き取り手がみつからなければ殺処分される。センターで処分される犬猫や、東日本大震災後、福島の原発20キロ圏内に取り残された犬猫の姿を目の当たりにしたかなみは大きなショックを受けるが、取材するうち、過酷な状況から一頭でも多くの命を救おうとする人たちと出会う。千葉県を中心に、愛護センターに持ち込まれた犬や猫の里親探しをする団体“ちばわん”代表の扇田桂代さんは、崩壊したブリーダーの店から46党の犬を救い出したり、被災地の犬猫に無償で不妊去勢手術を行っている。毎週愛護センターに通う副代表の吉田美枝子さんは、2015年までに5000頭の犬と猫の命を救った。広島に本拠地を置き、シェルターに1000頭以上の犬と猫を保護している“犬猫みなしご救援隊”は、被災後、原発20キロ圏内から1400頭の犬猫を救い出した。「人間のエゴで動物を殺すのは間違い。助けられる命は全部救う」と語る代表の中谷百里さんらの取り組みを知ったかなみは、自分にできることは何かと問いかける。そんな折、離婚して10年になる元夫のカメラマン・前田勇祐(上川隆也)から連絡が来て、かなみは自分のふがいなさを告白する。前田は、自分たちの役目はそれを撮って伝えることだとかなみを励ます。かなみは保護された後の犬たちの取材を始め、震災を生き抜いた犬と飼い主の絆や、保護犬を積極的に受け入れる老人ホーム・さくらの里山科の老人と犬との愛情あふれる暮らしを撮影する。行き場のなかった犬たちが、新たに出会った人たちと支え合いながら生きている姿を見て、自分にできることをしようと気づいたかなみは、ある決心をする。

見たい映画に
登録した人
15

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 スールキートス
上映時間 107
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山田あかね
プロデューサー 山田あかね
脚本 山田あかね
構成 松谷光絵
撮影 谷茂岡稔
音楽 つじあやの
主題歌 ウルフルズ
編集 大泉渉
ライン・プロデューサー 竹内暢生

レビュー

人間の悲しすぎるエゴ。動物達に問われる、本当の命の尊さ。

投稿者:門倉カド

(投稿日:2015/11/26)

【賛否両論チェック】 賛:人間の都合で命を奪われてしまう犬…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 犬に名前をつける日