映画-Movie Walker > 作品を探す > 消えた声が、その名を呼ぶ > レビュー

投稿レビュー(1件)消えた声が、その名を呼ぶは星4つ

「消えた声が、その名を呼ぶ」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

リーアム・ニーソンも真っ青 (投稿日:2015年12月30日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

コレは秀作でした。
こんな原始的で恐ろしい事が起きていた1915年、日本は、世界はどうだったのか・・気になりました。
日本は大正4年。東京ステーションホテルが開業し、三越百貨店が最先端で夏目漱石の本が出版され、三浦環〔たまき〕がロンドンでプッチーニ作曲のオペラ「蝶々夫人」の主役を演じた。
アメリカではカール・レムリがロサンゼルスに巨大スタジオを建て、ユニヴァーサル・スタジオと命名。映画の都ハリウッドが生まれています。

無抵抗なアルメニア人にとっては戦争では無く一方的な暴力です。
女子供への扱いは劣悪。強制労働させられている男たちよりも酷い・・
でも、出会う人たちの親切に救われます。最低な人も居るけど、善意に溢れた人たちに救われます。
そして、娘たちを思う親心。ナザレットだけでなく、その妻の賭けのような判断の正しさ。
それのお陰でナザレットも生きる希望を見出せました。
娘を救うために地味だけどとてつもない大冒険をする。リーアム・ニーソンも真っ青だと思います。
そのきっかけがチャップリンの無声映画だと言うのが何だか感動的。
行く先々で聞こえてくる妻が口ずさんでいた歌が印象的です。素朴だけどとても綺麗。

キューバ革命は1959年ですから、ナザレットが訪れた1923年頃のキューバは自由でとても魅力的です。表面的にだけかもしれませんが。

»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:4
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 消えた声が、その名を呼ぶ > レビュー