映画-Movie Walker > 作品を探す > 空人

空人の画像

太平洋戦争当時、特攻隊に参加しながらも生き残った清宮零が、自身の体験を元に執筆した小説を映画化。生き残った特攻隊員が、戦後70年を経て、身代わりとなって出撃した戦友との約束を果たそうとする姿を描く。出演は「ライク・サムワン・イン・ラブ」の奥野匡、「あした」の高橋かおり。監督は「結び目」の小沼雄一。2015年10月17日よりイオンシネマ天童、こうのすシネマにて先行ロードショー。

1/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

太平洋戦争末期の1945年。まだ若い勝雄(高橋里央)は、戦況悪化に耐え切れず、特攻隊に志願する。勝雄にはもはや将来の展望も、死に対する恐れもなかった。だが、自分を弟のように可愛がってくれる飛曹長の阿部(長谷川奨)と親交を結ぶうち、写真でしか知らない阿部の妹・静子への恋慕が芽生え、死に急ぐ刹那的な感情が鎮まってゆく。やがて出撃命令が下るが、運悪く高熱を発した勝雄は出撃を断念。代わりに阿部が出撃する事となってしまう。そして、阿部が戻らないまま終戦を迎える。それから70年。余命半年と宣告された勝雄(奥野匡)は、罪滅ぼしのために阿部の菩提寺である山形県天童市の若松寺へと向かっていた。そこで偶然、静子の娘・紀和(高橋かおり)に出会い、静子がすでに他界していた事を知る。罪の意識に苛まれた勝雄は、この寺の風習“むかさり”を執り行う事を決意。紀和と親密な時間を過ごしていた勝雄は、やがて2人の運命の糸が少しずつ絡み合ってゆくのを感じていた……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 SEIWA FILMS
上映時間 115
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小沼雄一
製作 清宮武雄
プロデューサー 徳永裕明
原作 清宮零
脚本 小沼雄一港岳彦
撮影 中村夏葉
VFX 新妻宏昭
衣裳デザイン 宮本まさ江
音楽 宇波拓
美術 鈴木伸二郎
編集 小沼雄一
録音 高田伸也
音響効果 武藤晶子
助監督 吉川忠雄
照明 渡辺大介
題字 清宮桂雪
制作 加賀量平岡田宏行

レビュー

特攻隊の映画と思いきや、終活の映画でした

投稿者:生活保護

(投稿日:2015/12/10)

特攻隊で生き残ったひとりの男の罪滅ぼしのお話しです。 これ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 空人