ハーバー・クライシス 都市壊滅|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ハーバー・クライシス 都市壊滅

2015年10月10日公開,126分
  • 上映館を探す

2009年に台湾金鐘奨(台湾エミー賞)5部門を受賞したテレビドラマ『ブラック&ホワイト』の映画版第2弾。台湾の湾岸都市を狙う秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを、ふんだんなアクションとともに大スケールで描く。監督はドラマ版や前作「ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1」に引き続きツァイ・ユエシュンが務める。熱血漢の刑事を「モンガに散る」のマーク・チャオが、彼と組む知的な一匹狼を「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」のケニー・リンが演じるほか、「101回目のプロポーズ~SAY YES~」のホアン・ボー、「一分間だけ」のチャン・チュンニンらが出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

台湾の大都市・海港市(ハーバー・シティ)を孤立させるかのように橋や高速鉄道といった交通の要を狙った連続爆破事件が発生。熱血漢の刑事ウー(マーク・チャオ)は若手の頭脳派刑事チェン(ケニー・リン)と組み、事件を追うことにする。そんな中、軍が保有する特殊ミサイルが強奪され海港市中心部に向け発射されようとしていること、さらには高い致死率の生物兵器ウイルスがまかれようとしていることが判明。未曽有の危機に直面する街を守るために、二人は謎の武装組織・夜歩者(ナイトウォーカー)に立ち向かっていく。

作品データ

原題
痞子英雄:黎明再起
製作年
2014年
製作国
台湾
配給
ツイン
上映時間
126分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.7
  • 門倉カド

    4
    2015/10/17

    【賛否両論チェック】
    賛:ド派手なアクションの連続に、思わず息を飲む。シリアスな中でもコミカルなやり取りが多いのも、バディムービーとして楽しい。前作までの知識も、最悪不要。
    否:ストーリー自体は、荒唐無稽そのもので、ツッコミ始めるとキリがない。CGも使いまくりなので、好き嫌いは分かれそう。

     この作品に、ツッコミは無用です(笑)。というか、設定にはかなり無理があるので、ツッコミ始めると面白くなくなってしまうと思います。未曽有のテロの阻止に向け、危険を顧みずに敵の懐に飛び込んでいくウーと、そんな彼に呆れながらも、自身もその頭脳を武器に、巨悪に立ち向かっていくチェン。そんなデコボココンビの痛快な活躍が、時にコミカルに、時に激しく描かれていきます。
     アクションはこれでもかというくらいド迫力で、身体能力の非常に高いアクションが繰り広げられます。爆発のシーンなんかは、CGがかなり多用されているので、その辺りの好き嫌いも分かれそうな気がします。
     前作の知識は、勿論あった方が楽しめるかとは思いますが、最悪なくても大丈夫そうです。他を圧倒するその世界観を、是非ご覧になってみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告