地球の危機|MOVIE WALKER PRESS
MENU

地球の危機

1961年10月11日公開,0分
  • 上映館を探す

「失われた世界(1966)」につづくアーウィン・アレン製作・監督の空想科学映画。脚本を書いたのはアーウィン・アレンとチャールズ・ベネット。原案もアーウィン・アレンである。撮影を受け持ったのはウィントン・C・ホック。音楽担当はポール・ソーテルとバート・シェフター。出演するのは「禁断の惑星」のウォルター・ピジョン、「ある微笑」のジョーン・フォンテーンの他、ピーター・ローレ、バーバラ・イーデン、フランキー・アヴァロンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

合衆国科学省海洋探査局の実験原子力潜水艦シービュー号は試運転に北洋にのりだした。主要乗組員は科学所として有名な元海軍堤督ネルソン(ウォルター・ピジョン)、クレーン艦長(ロバート・スターリング)、その部下チップ青年(フランキー・アヴァロン)、堤督の女秘書キャシー、物理学者であり海洋生物学者であるエマリー准将、女精神科医ヒラー博士(ジョーン・フォンテーン)、バーカー国会議員、クロード堤督などである。艦が水面下90フィートを潜航している時、巨大な岩が落下してきた。浮上してみると、空が真っ赤にそまり、気温が上昇して氷山がみるみるとけていく。やがて氷山の1つから合衆国の観測隊員アルバレスが救けられた。無電によるとこの怪現象は世界的なもので地球上空300マイルに現れたバン・アレン放射熱帯によって起こったことがわかった。このため地球上は水ききんにおそわれたり、大洪水に襲われたりしているという。国連では緊急会議を召集し、ネルソン堤督はそこに出席を求められた。アルバレス以外の遭難観測隊員をみすてて艦はニューヨークに急行した。途中、ネルソン堤督はエマリー准将やクロフォード堤督と協議し、艦からミサイルを発射して放射熱を一挙に消す計画を立てた。が、この案は国連でたちまち大反対にあった。とくに強く反対したのは、放射熱帯の温度が今後173度に達すれば自然消滅すると信じきっているズッコ博士であった。自説を曲げぬネルソン堤督は、艦をマリアナ群島に急航させ、ミサイルを発射準備をした。ヒラリー博士はこれを止めるため発電機をこわしたりネルソン堤督の居室に火事を起こしたりした。国連所属の潜水艦もシービュー号を妨害した。しかし堤督はくじけなかった。ヒラー博士は艦の原子炉のモーターを止めようとして放射能を浴び、生物実験用水槽に落ちサメにくわれて死んだ。補助モーターを使って目的海域についた艦は、ミサイルを発射しようとした。アルバレスが爆弾を手に妨害行為に出たが、クレーン艦長がフロッグ・マンのいでたちで艦外に出、ミサイルを発射することに成功した。上空に雷鳴がとどろき、やがて真っ赤にただれた空は、しだいに晴れていった。

作品データ

原題
Voyage to the Bottom of the Sea
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • ター坊

    4
    2006/11/24

    監督 アーウィン・アレン
    出演 ウォルター・ピジョン、ジョーン・フォンテン、バーバラ・イーデン、
        ピーター・ローレ、ロバート・スターリング、マイケル・アンサラ、
        フランキー・アヴァロン、レジス・トゥーミー、ジョン・ライテル、
        ヘンリー・ダニエル他

    合衆国科学省海洋探査局の実験原子力潜水艦シービュー号は試運転に北洋にのりだした。主要乗組員は科学所として有名な元海軍堤督ネルソン(ピジョン)、クレーン艦長(スターリング)、その部下チップ青年(アヴァロン)、堤督の女秘書キャシー、物理学者であり海洋生物学者であるエメリー准将(ローレ)、女精神科医ヒラー博士(フォンテン)、バーカー国会議員、クロード堤督などであった。
    艦が水面下90フィートを潜航している時、巨大な岩が落下してきた。
    浮上してみると、空が真っ赤にそまり、気温が上昇して氷山がみるみるとけていくのだった。やがて氷山の1つから合衆国の観測隊員アルバレスが救けられるのだった。
    無電によるとこの怪現象は世界的なもので地球上空300マイルに現れたバン・アレン放射熱帯によって起こったことがわかった。
    このため地球上は水ききんにおそわれたり、大洪水に襲われたりしているという。
    国連では緊急会議を召集し、ネルソン堤督はそこに出席を求められた。アルバレス以外の遭難観測隊員を見捨てて艦はニューヨークに急行した。
    途中、ネルソン堤督はエメリー准将やクロフォード堤督と協議し、艦からミサイルを発射して放射熱を一挙に消す計画を立てた。
    しかしこの案は国連でたちまち大反対にあった。とくに強く反対したのは、放射熱帯の温度が今後173度に達すれば自然消滅すると信じきっているズッコ博士であった。自説を曲げぬネルソン堤督は、艦をマリアナ群島に急航させ、ミサイルを発射準備をする。
    ヒラリー博士はこれを止めるため発電機をこわしたりネルソン堤督の居室に火事を起こしたりする。
    国連所属の潜水艦もシービュー号を妨害する。しかし堤督はくじけなかった。
    ヒラー博士は艦の原子炉のモーターを止めようとして放射能を浴び、生物実験用水槽に落ちサメにくわれて死んでしまう。補助モーターを使って目的海域についた艦は、ミサイルを発射しようとするが、アルバレスが爆弾を手に妨害行為に出るのであった…。

    70年代後半から80年代に“災害映画(パニック映画)”というジャンルを確立した、アーウィン・アレンが1961年に「失われた世界」に続いて製作、監督、脚本を担当したSF映画です。

    本作はドラマ部分にやや難はあるものの当時の円谷プロ的なSF模写が非常に素晴らしく、大ダコにシービュー号が襲われたり、潜水艦に魚雷攻撃されたりと見せ場がたくさんあり“潜水艦映画”として今でも十分に楽しめます。

    アレンは、本作のセットをそのまま流用し、TVドラマ「原子力潜水艦シービュー号」を製作し、これがヒットし4シーズン製作される。その後も「宇宙家族ロビンソン」、「タイムトンネル」、「巨人の惑星」、「海底都市」と大ヒットTVドラマを製作し、「ポセイドンアドベンチャー」で映画界に復帰し、そして「ターワーリングインフェルノ」を製作し、“災害映画の帝王”と呼ばれるようになりました。
    その後「ポセイドンアドベンチャー2」「スウォーム」「世界崩壊の序曲」を製作するも“災害映画”のブームは去り、その後はまたTV界で「大洪水」などのTV映画を撮り、1991年にこの世を去りました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告