TOP > 映画作品を探す > ディアーディアー

ディアーディアーの画像

幼い頃に幻のシカを見つけたものの信じてもらえなかった3人の兄妹の軌跡を描いたヒューマンコメディ。監督は「ヘブンズストーリー」など助監督として数々の現場を踏んできた菊地健雄。郷里である栃木県足利市を舞台に初監督作に挑んだ。また、「グレート・ラビット」で第62回ベルリン国際映画祭短編部門の銀熊賞を受賞した和田淳がアニメーションを担当。ロックバンド『森は生きている』の岡田拓郎が劇中の音楽を手がけている。酒びたりの妹を「パッチギ! LOVE & PEACE」の中村ゆりが、多額の借金を背負う長兄を「市民ポリス69」の桐生コウジが、心のバランスを崩した次男を「Helpless」など青山真治監督作品の常連・斉藤陽一郎が演じる。

2/5
総評価数 4
レビュー 3
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
5

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

かつて山間の町にいたリョウモウシカという幻のシカを3人の兄妹が見つけもてはやされるが、やがてその目撃談は虚偽であると見なされうそつき扱いされてしまう。それから二十数年後、別々の道を歩んでいた兄妹たちが父が危篤になったことをきっかけに久々に再会。長男・冨士夫(桐生コウジ)は莫大な借金を抱え、次男の義夫(斉藤陽一郎)はシカの一件以降心のバランスを崩してしまい病院暮らし、顕子(中村ゆり)は駆け落ちした挙句に酒びたりの日々を過ごしていた。そんな彼らに顕子の元恋人や義夫の同級生らが絡み、葬儀中に騒動が起きてしまう……。

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 オフィス桐生
上映時間 107
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 菊地健雄
脚本 杉原憲明
製作 渡邉佳子
企画 桐生コウジ
撮影 佐々木靖之
照明 友田直孝
美術 安藤真人
衣装(デザイン) 阪上秀平
編集 山崎梓
音楽 岡田拓郎
その他 和田淳森は生きている古賀奏一郎瀬田なつき
SFX 押田興将
助監督 玉澤恭平
メイク 有路涼子
スチール 内堀義之
デザインワークス 門田麗子
録音 高田伸也
プロデューサー 桐生コウジ

キャスト

アキコ/イゾンショウノイモウト 中村ゆり
ヨシオ/キョゲンヘキノオトウト 斉藤陽一郎
フジオ/シャッキンクノアニ 桐生コウジ
タカシ/ウサンクサイニート 染谷将太
ケンブツキャク/トオリスガリノオンナ 菊地凛子
ニシノ/フテイナフドウサンヤ 山本剛史
キヨミ/シットスルシュフ 松本若菜
セイイチ/アワレナダンナ 柳憂怜
ハタナカ/イヌズキノウンテンシュ 政岡泰志
カトウ/ゴウヨクナソウリョ 佐藤誓
信川清順
川瀬陽太
木村八重子
菅野久夫
井原道
池下リリコ
村上ユキヒコ
小笠原治夫
川連廣明
隅田恵里子
山田純之助
宮田豊心
佐野仁香
渡良瀬橋43

レビュー

中村ゆり

投稿者:でーいー

(投稿日:2015/11/28)

がエロくて良かった。 もっと色んな作品出ててもおかしくない…

[続きを読む]

支持者:0人

笑って立ち直ろう

投稿者:KI-ki

(投稿日:2015/11/12)

工場を開けて眩しい風景を見て始まる でも何だかとても運のな…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

26歳にして出演映画70本以上!“無類の映画好き”染谷将太が、自腹でも撮りたかった映画とは?
26歳にして出演映画70本以上!“無類の映画好き”染谷将太が、自腹でも撮りたかった映画とは?(2019年2月15日 07:30)

数多くの映画やテレビCMに出演し、その人気をお茶の間にも浸透させた俳優の染谷将太。現在26歳にして、これまでの出演映画が70本以上(!)という驚異の経歴を持ち、…

30年前にバンドブームを巻き起こした「イカ天」のバンドマンはいまどうしてる?
30年前にバンドブームを巻き起こした「イカ天」のバンドマンはいまどうしてる?(2018年5月30日 22:10)

1989年2月から1990年12月までの約2年、土曜深夜に放送された伝説的テレビ番組「三宅裕司のいかすバンド天国」。“イカ天”の呼び名で親しまれ、バンドブームを…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/16更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ディアーディアー