殿、利息でござる!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

殿、利息でござる!

2016年5月14日公開,129分
  • 上映館を探す

千両もの大金を藩に貸し付け、その利子を配分し、寂れた宿場町の復活を成功させたという、江戸時代の実話を映画化した時代ドラマ。阿部サダヲが町の復興のために仲間とともに奇策に挑む、造り酒屋の十三郎を演じ、『予告犯』の中村義洋が監督を務める。仙台藩主役でフィギュアスケートの羽生結弦が映画初出演を果たしている。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

江戸時代、仙台藩は金欠から、百姓や町人への重税を課し、破産や夜逃げが相次ぐ事態となっていた。同じような悩みを抱えた宿場町の吉岡宿で、十三郎は知恵者の篤平治から町の復興のための秘策を打ち明けられる。それは藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるというもので、町の人々は水面下で千両もの大金集めに奔走する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
129分

[c]2016「殿、利息でござる!」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2
  • お水汲み当番

    3
    2020/7/19

    あらすじに書かれているのが、内容のすべてという映画です。
    ウィキペディアに吉岡宿の歴史として出ており、これを読むほうが映画を観るよりも感動できるというものです。

    それだけでは2分間なら持つかもしれないが2時間はとてももたないので、兄弟関係の因縁のドラマを手厚く書き込んでいますが、因縁フレームアップ系にもかかわらず、薄い話だとしか思えない映画でした。

    とはいえ、たとえ自分が破産しようとも、町のためになら莫大な金を献上しようという志の高い人たちが何名も住んでいた町が、悪い町であるはずはありません。
    近日中に吉岡宿を訪問してみようかと思ったものでした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • jung

    5
    2016/9/2

    <レビュー確認中>

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • えこう

    4
    2016/8/22

    5月に公開された作品ですが、
    舞鶴でも7月16日より上映になり

    評価の高さに引き寄せられるように本月本日鑑賞してきまし

    た。

    江戸中期の明和年間のお話です。
    藩の重い年貢により夜逃げが相次ぐ宿場町
    藩に大金を貸し付けて利息をもらうという奇想天外な
    企てをほのめかされます。

    計画がわかれば打ち首もの。
    それでも十三郎と仲間たちは私財を投げ打ち千両を
    集めるのでした。

    私たち人には贅沢をしたい、栄誉もほしい、子孫に自分の
    したことの素晴らしさを伝えたいというような
    欲があるはずです。でも人間くささを本作は
    コメディーの中に巧みに織り込まれていました。

    そして十三郎らの秘策は8年という年月をかけて見事に
    成功しています。
    その粘り強さもさることながら後半の藩との攻防は
    期待と不安に胸打つプロセスが軽妙に描かれています。

    阿部サダオ、瑛太、妻夫木聡らのキャスト配役陣も
    小気味よい。

    羽生さんの出演として注目された作品でしたが、
    演技も上手かったです。

    小銭もたまれば千両、万両の大金にもなります。
    そんなこんなを教えてくれた映画だったのかなあ
    と思います。

    本作は英雄不在の時代劇でしたが
    実話とあれば興味の魅かれるところです。


    結末は覚えていません(泣)

    藩に大金を貸し付け利息を巻き上げる
    庶民がお上から年貢を取り戻すという発想はあっぱれでした


    必死の節約を重ね、ただ町のため、人のため
    お上に立ち向かう姿は引き寄せられるものがありました

    ユーモアたっぷりに描かれていたと思いますが
    私は馴染めなかったです

    そうそうたる俳優さんが一生懸命に演じていらっしゃるので
    理解しようと努力はしましたが ダメでした。

    やはり時代劇は苦手ということになるのかな。

    でも決死の行動に臨む庶民の覚悟は伝わってきました。

    劇場でも声を上げて爆笑されている方もいらっしゃいました


    その差は何なのかわかりませんが、そんな作品の良さは
    毛穴からも入ってきます。

    250年もずっと昔のお話しでした。

    その場に居られただけでも

    RCサクションによる「上を向いて歩こう」の主題歌も
    よい。

    寝てしまったという罪悪感もあります・・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告