オデッセイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

オデッセイ

2016年2月5日公開,142分
  • 上映館を探す

マット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じる、リドリー・スコット監督によるサバイバル・ドラマ。残り少ない酸素や食料をよそに、科学の力を武器に生き残ろうとする主人公ワトニーと、彼を火星に置き去りにしてしまった事を悔やみ、救出しようとする人々の葛藤や友情を描く。原作はアンディ・ウィアーのベストセラー小説。

予告編・関連動画

オデッセイ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

火星探査中の6人のクルーは猛烈な嵐で任務中止に追い込まれる。撤収作業中に突風で吹き飛ばされた通信アンテナに激突し、遙か彼方に飛ばされ、発見されなかったワトニーは死亡したと判断され、一行は宇宙船で地球への帰途につく。しかし、ワトニーは奇跡的に生きていた。彼は科学的な知識と持前のポジティブな思考で生き延びようとする。

作品データ

原題
THE MARTIAN
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
142分

[c]2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.0
  • づーめ

    4
    2018/9/30

    ずっと1人ぼっちかと思ったら、割と早い段階で通信手段復活してた(笑)
    結果は分かってても、救出シーンはすげー熱くなる。 中国ねぇ・・・『コンタクト』の時は、予備は日本に有ったのにのぁ・・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • oguogu27

    4
    2018/8/21

    確かに話題作で面白い。理論的で科学的だ。
    とてもドキドキした・・・・が、何か足りない?
    何だろう?主人公があまりに理性的で、ひとりぼっちの辛さが無いので、あまり見ている方が不安にならないのが原因だろうか?
    かといって、宇宙飛行士がパニくりすぎても、現実的で無い。
    何か違和感の残る映画だったが、植物が全滅した時の絶望感、最後のランデブーが成功するのか失敗するのかの緊張感は抜群だった。
    一気に見ることができるのは間違いない。
    小説はもっと面白いと聞いているので、是非活字版も挑戦したい(そろそろ安く手に入りそうだしw)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • フジ三太郎

    2
    2018/8/7

    詰めが甘い。
    映画として詰め込んで、お客をお腹いっぱいにしたかったのだろうが、マット・デイモンのサバイバルと、地球での生還作戦会議、そして主役を置き去りにした、火星宇宙船クルーの奮闘劇と、3元中継になるのだが、ここがすごく甘い。
    そして地球で登場の中国。この映画、中国資本が入ってる?最近こういうパターンが多く、お金さえ出して貰えば、スコット監督もおとなしく映画を作ってしまうのかと。
    とにかく甘い。中国のせいです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告