映画-Movie Walker > 作品を探す > コントロール・オブ・バイオレンス

コントロール・オブ・バイオレンスの画像

チンピラとヤクザの全面抗争を描き、コントロールできない人間の暴力性に迫るバイオレンス・アクション。監督・脚本は、「大阪蛇道 Snake of Violence」の石原貴洋。出演は、「狂武蔵」の山中アラタ、「ジョーカー・ゲーム」の渋川清彦。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015正式上映作品。

3/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

シマの奪い合いが平然と行われる大阪・激戦区では、調子に乗って勢いづいたチンピラ集団が、本職ヤクザに何度も奇襲攻撃を仕掛けていた。チンピラ集団の裏で糸を引いているのは、前科30犯の通称“サブゼロ”(渋川清彦)。仁義もクソもない戦法でヤクザ乗っ取りを企み、東京から大阪へ進出してきたのだ。激戦区ではヤクザも恐れる謎の人物“能面”がうろつくなか、抗争は激化。ついにまったく関係ないはずの、元極道で今はギョウザ工場の工場長・郷田(山中アラタ)まで抗争に巻き込まれ、物語はカオスへと突入していく……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 キングレコード
上映時間 84
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 石原貴洋

キャスト

山中アラタ
渋川清彦
屋敷紘子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ターミネーター:ニュー・フェイト
ターミネーター:ニュー・フェイト

ジェームズ・キャメロンが製作を手掛け、『ターミネーター2』のその後の世界を描く

ブラック校則
ブラック校則

佐藤勝利×高橋海人共演で理不尽な校則と戦う高校生の恋と友情を描いた青春ストーリー

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
IT/イット

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』から27年後を舞台に描いた完結編

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > コントロール・オブ・バイオレンス