映画-Movie Walker > 作品を探す > 薩チャン正ちゃん〜戦後民主的独立プロ奮闘記〜

薩チャン正ちゃん〜戦後民主的独立プロ奮闘記〜の画像

「暴力の街」の山本薩夫監督、「どっこい生きてる」の今井正監督を中心に、新藤兼人亀井文夫吉村公三郎など、戦後、独立プロを立ち上げて活躍した人々の歩みを、関係者の証言などから辿ったドキュメンタリー。証言者として山田洋次香川京子降旗康男などの映画人も出演。ナレーションを務めたのは「影武者」の山本亘

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

終戦直後、映画の民主化と労働の在り方を巡って争われた東宝争議。これによって東宝を解雇された人々や、レッドパージで映画会社から追放された人々は、自分たちの望む映画を作ろうと、独立プロダクションを立ち上げ、次々と映画製作に乗り出す。東宝争議の解決金を元に作られた“薩チャン”こと山本薩夫監督の「暴力の街」(50)がその第1作。昭和23年に埼玉県本庄市で起きた暴力団による朝日新聞記者への暴力事件を題材に、町から暴力団とそれに癒着する行政の不正を追放しようと奮闘した市民運動を描いたドラマである。撮影中、暴力団による妨害を受けながらも、映画は無事に完成して大ヒット。「どっこい生きてる」(51)では、“正ちゃん”こと今井正監督が、“東宝を解雇されても、どっこい、俺たちはまだ生きているぞ!”という思いをタイトルに込め、“ニコヨン”と呼ばれた日雇い労働者の苦闘を描いた。その後も独立プロは、労働組合、民主団体、劇団などを拠り所にしながら、質の高い作品を多数世に送り出す。終戦から7年後、新藤兼人監督の「原爆の子」(52)は、GHQ占領下では題材にすること自体がタブーだった原爆の問題に真正面から向き合い、日本のみならず世界初の反核映画として高い評価を受けた。その他、亀井文夫、関川秀夫、家城巳代治など多くの監督たちが、独立プロで腕を競う。そのどれをとっても、戦後の労働運動、平和運動、民主運動に及ぼした影響は計り知れず、人々に勇気や希望を与え、時には生き方を変えるほどの深い感動をもたらした。本作に登場する人々は、映画が好きで、素晴らしい映画を届けたいと、仲間と知恵を絞って苦労を重ねた映画人たちである。その気骨ある生き様は、それ自体が一遍のドラマであり、独立プロの時代を知る世代はもちろん、初めて目にする若い世代に対しても、映画が持つ役割と使命、そして自らの生き方について考えるきっかけとなるに違いない。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 新日本映画社
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 池田博穂
脚本 池田博穂
企画 池田博穂
撮影 野間健
音楽 小林洋平
音楽プロデューサー 安田佑司
編集 栗原洋平
録音 本田政
ナレーター 山本亘
題字/タイトル 伊藤幸洞
制作 山本駿山本洋子
朗読 中原ひとみ江原真二郎赤塚真人
メイク 金森恵
VE 山田友行

レビュー

戦後の独立プロについて語られたドキュメンタリー映画

投稿者:たっかん

(投稿日:2016/10/19)

戦後の独立プロについて語られたドキュメンタリー映画。 タイ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 薩チャン正ちゃん〜戦後民主的独立プロ奮闘記〜