俺物語!!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

俺物語!!

2015年10月31日公開,105分
  • 上映館を探す

高校生らしからぬいかつい顔面と屈強な肉体をもった少年・剛田猛男の純愛を描き、テレビアニメにもなった「別冊マーガレット」連載の異色少女漫画を実写映画化したラブストーリー。鈴木亮平が純情で心優しき主人公に挑戦。原作では身長2メートル、体重120キロという大男になりきるため、30キロも増量し、熱演を披露する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校1年生の猛男は、いかつい風貌と不器用さで女子から恐れられているが、情に厚く、男子からの信頼は絶大。ある朝、猛男は親友でイケメンの砂川とナンパされて困っていた女子高生の大和を救い、一目ぼれしてしまう。ところが彼女と再び会った際、大和は砂川の事が好きなのだと気付き、落ち込みながらも2人の仲を取り持とうとする。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
105分

[c]アルコ・河原和音/集英社 [c]2015映画「俺物語!!」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • 百木

    4
    2017/6/19

    原作を読んで、アニメを観て、そのアニメのキャスティングが最高にピッタリで正直実写化を聞いたときは不安でした。

    鈴木亮平さんのイメージは、ドラマ『天皇の料理人』のヒョロヒョロなイメージがあったのですが、『変態仮面』やこの『俺物語』での肉体改造を観て、キャストさんがこれだけ真剣に取り組んでいるのがわかって安心して観られると思いました。

    猛雄とすなの子役の子達も可愛らしくて原作イメージが見事にピッタリでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • あちゃぺ

    3
    2017/2/5

    「気づく」…
    相手の気持ちを察することですが…
    不器用、器用の潜在的な能力があるんでしょうか。
    時と場合によるんでしょうね。
    ボクはほとんど気づかないタイプの人間。
    随分昔…
    クラブの他校との合同合宿中に
    どういうわけか他校とのボクが全然知らない女子と
    握手させられることになった。
    みんなが見てる前で…。
    全然知らない女子と握手した。
    相手の女子にしたら迷惑なことだったと思う。
    でも思い返すと、ひょっとしたら…
    なんて考えてしまう(妄想に近いけど)。
    でも、もし、その妄想が正しければ…
    ボクは全く気付かない鈍感な男だったんだと思う。
    あくまで妄想ですけど…。

    この映画の主人公「俺」はあまりにもピュア。
    人想いの優しい奴。
    自分の幸せより人の幸せをこよなく愛する奴。
    ここまでピュアな生き方をしてみたいけど
    これも妄想の世界(笑)
    ピュアな心の「俺」と
    一途な恋をする「大和」の世界を
    お楽しみ頂きたい!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • えこう

    5
    2015/12/28

    ストーリーは興味なかったですが、鈴木亮平くん見たさに福知山シネマでも公開になったのを機に鑑賞してきました。

    ごつくて大きな体を持ちながらも、女子にてんでモテない。
    まるでおっさんのような高校1年生。

    剛田猛男はある日、チンピラに付きまとわれていた女子
    高生を救い、彼女に一目ぼれしてしまうというストーリーに始まります。

    凛子も猛男に好意を抱くが、女子にもてたことのない
    彼は気付かない。

    全編がコミカルなムードで描かれますが猛男は自分よりも人の幸せを第一にしてしまう男

    原作は人気コミック
    テレビアニメも放送され、そんな話題作がついに実写映画化されました。

    全く正反対のイケメンの砂川と猛男が親友なのもおもしろい。

    今や映画にドラマに引っ張りだこ的な存在の鈴木亮平
    が主人公の剛田を演じます。

    鈴木の出演作「天皇の料理番」や「結婚式の前日に」
    テレビドラマも見てきましたが
    役柄とはいえ、ほんとに同じ人物と思えないような
    変わりようには驚きましたし、役者魂のようなものを
    感じました。

    演じるに当たって原作に合わせるため体重を30kg増量
    されたと聞きました。

    生半可な気持ちでは役者道は務まらない
    俳優は大変な職業なんだと、ひしひしと伝わります。
    それを物の見事にやってのけましたね。

    困っている人がいると誰でも助けます。
    それが水の中、火の中だろうと・・・

    それが時として、いかつい表情から人からは
    恐れられたりもしますが、でも今の日本男児にはいない
    真の強さには引き付けられます。

    実年齢より20歳も若い高校生の役でしたがそれを感じさせません。
    見た目に反して純情な主人公を熱演されていました。

    凛子との恋愛を親友砂川との仲介によって一気に
    進展していきますが当初観るまでは期待していなかったストーリーでしたが、思いのほかストーリーに持って行かれました。

    猛男くんらしい表情がすごく素敵でした。
    かっこよすぎでしょう。

    恋愛ものはほとんど見ない私ですが、ストーリーも
    配役陣も破格の評価をしています。

    ほんとに高評価なのもうなずけますよ。
    友達の幸せそうな顔を見るのはうれしい砂川の言葉にもありました。

    ほんとうの男らしさとは、優しい思いやりということを
    教えられました。

    頼まれたら断らない。
    何だかよくわからなくても「任せろ!」と言ってしまう。

    溺れている子供がいたら、考える間もなく川に飛び込む。
    自分の幸せよりも、好きな子の幸せを優先する。

    猛男は器用に世の中を渡っていくタイプではないかもしれないけれど、絶対に成功するような気がします。
    誰にでも愛されるし、信用もされます。

    彼は気配りもできる男。
    なのに、大和の気持ちには気付かない。
    いい加減、おまえのことが好きなんだって気付けよ! って砂川に言われます。

    そんな猛男の純粋な恋を描いているラブストーリーでした。

    過酷な肉体改造に挑んでほんの数秒しか見せ場がない場面の、柔道のシーンのためにも 稽古に励まれたとか。

    今作のように原作ファンがいる中で演じるのも難しいかったと思います。

    ほんとに猛男が鈴木のハマリ役だったことに誰もが納得するでしょうね。
    このプロ意識はすごい!

    これからも注目したい役者さんのひとりです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告