ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声

2015年9月11日公開,103分
  • 上映館を探す

名門少年合唱団に入学した少年が、厳しい指導者に支えられながら、成長していく姿を描くヒューマンドラマ。名優ダスティン・ホフマンが少年たちを鍛える指導者に扮するほか、キャシー・ベイツやデブラ・ウィンガーといったベテランたちが脇を固める。監督は『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール。

予告編・関連動画

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

複雑な家庭環境に育ち、家でも学校でもトラブルばかりのステットはたぐいまれな美声の持ち主で、名門少年合唱団へ入学する。少年たちの指導を担当するカーヴィルは若い頃に才能を否定され、指導者への道を志した男で、才能がありながらも、それを無駄にしているステットに厳しく接する。だが、ステットは歌う事に魅了されていく。

作品データ

原題
BOYCHOIR
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
アスミック・エース
上映時間
103分

[c]2014 BOYCHOIR MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]Myles Aronowitz 2014 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • ごっとん

    4
    2015/9/26

    素行が悪く、普通教室では浮いてしまっている少年が、歌と出会い、先生と出会い、成長していく。面白かったです。でも、確かにボーイソプラノは少年時代しか出せない声でしたね。改めて認識しました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ぶんぶん

    4
    2015/9/23

    忘れられなくなることばが随所にちりばめられている映画。
    どんなに逆境でも、見守る大人がいれば、必ずその子の未来は拓けていく・・・中途半端な愛情じゃだめなんだなと、真剣に考えさせられる。
    本気で子どもと向き合う覚悟が、子どもの気持ちを動かすんだと。いや~ダスティン・ホフマンもエレン・ミレンも最高。
    「キャリアじゃないんだ、生き方の問題だ」
    一番、お気に利のセリフ。
    さて、どこでしょう?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 4
    2015/9/14

    子供の頃、ハンガリーの少年合唱団の人たちが私の住んでいた島にやって来て、合唱コンクールをしたのを思い出した。
    うち等も皆で歓迎の歌を歌ったんだよね。

    最初にオリバーの通っていた学校に少年たちがやってきて歌うシーンで鳥肌が立ちそうになった。
    素晴らしいんだ。
    そして残酷な世界。
    短い期間。美しい声で魅了して歌う事だけに集中して生きる少年たち。
    少年たちが天使の声で歌えるのは声変わりまでの短い期間。それだけは努力ではどうにもならない。
    それはどんなソリストの才能を持って生まれてきても一緒。
    期間限定の才能なんだ。
    オリバーがソロを歌う後ろで、ずっとデヴォンが映っている。それも残酷だなぁ‥と思う。
    でも、オリバーは両親には恵まれなかったかも知れないけど、2人の校長に恵まれたね。

    昔、水上澄子さんって漫画家がウィーン少年合唱団を題材に描いていて、それが大好きだったの。
    こんな世界だった。それに音が付いたみたいで凄く嬉しい。





    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告