映画-Movie Walker > 作品を探す > ただひとりの父親

ただひとりの父親の画像

10ヶ月の娘を持つシングルファーザーを主人公に、心に傷を負った人間が再生してゆく姿を通じて、愛情の尊さを描いたドラマ。出演は「今ドキ女子の恋愛ショコラティエ」のルカ・アルジェンテーロ、「ニーナ ローマの夏休み」のディアーヌ・フレーリ。監督は「La donna della mia vita」のルカ・ルチーニ

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

カルロ(ルカ・アルジェンテーロ)は30歳になる真面目な皮膚科医。勝手なことを言う患者をなだめ、時には手術に失敗した同僚をフォローするなど、慌ただしい毎日。その一方で、両親や友人たちの助けを借りながら、10ヶ月になる娘のソフィアを育てていた。時折、思い出すのは、亡き妻メリッサ(クラウディア・バンドルフィ)の事。メリッサとは、葛藤を繰り返しながらも一緒に暮らしていたが、離婚を決意しかけた時期に、娘ソフィアを身籠っていることが判明。ところが、彼女は出産時に命を落としてしまったのだ。カルロの脳裏に蘇るメリッサとの喧嘩の数々。そんなある日、ソフィアの面倒を見てくれていたカルロの両親がヴァカンスへ。1人で娘の世話をすることになったカルロは悪戦苦闘。やがて、ジョギング中にフランス人女性カミーユ(ディアーヌ・フレーリ)と知り合い、育児を助けてもらうようになる。彼女との距離が縮まるにつれ、カルロは失われていた感情を取り戻してゆくが……。

見たい映画に
登録した人
8

作品データ

原題 SOLO UN PADRE
製作年 2008年
製作国 イタリア
配給 パンドラ
上映時間 93
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ただひとりの父親