ハッピーエンドが書けるまで|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ハッピーエンドが書けるまで

2015年6月27日公開,97分
PG12
  • 上映館を探す

「リトル・ミス・サンシャイン」のグレッグ・キニア、「あと1センチの恋」のリリー・コリンズ、「ウォールフラワー」のローガン・ラーマンが共演したラブストーリー。離婚した父親を中心に、愛に関する様々な悩みを抱えた家族が、新しい一歩を踏み出してゆく姿を描く。監督は「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

3年前に離婚しながらも、別れた妻エリカ(ジェニファー・コネリー)に未練を残す作家のビル(グレッグ・キニア)は、いまだに彼女の家を覗きに行く日々を送っていた。ビルの娘サマンサ(リリー・コリンズ)は、父親を捨てて新しい男性と交際する母親を嫌い、3年間会話をしていない。大学で同じ講義を受講するルイス(ローガン・ラーマン)から想いを寄せられていたが、両親の離婚を経験した彼女は、恋愛や結婚に対してネガティヴなイメージを抱え、他人を受け入れることができなくなっていた。一方、ビルの息子ラスティ(ナット・ウルフ)は、学校でケイト(リアナ・リベラト)という少女に恋をするが、彼女がコカインを吸っている現場を目撃してしまう。愛を失った父親、愛を信じない娘、愛に臆病な息子……。様々な思いを抱えた3人が悩み、気付き、新しい一歩を踏み出した時、人生に変化が訪れる……。

作品データ

原題
STUCK IN LOVE
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
AMGエンタテインメント
上映時間
97分

[c]2012 Writers the Movie, LLC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • ごっとん

    3
    2015/7/2

    みんなそれぞれにそれぞれの形で恋愛に臆病になっている家族が、みんながそれぞれの遍歴を経て、獲得していく。少し歯がゆい面もありますが、応援したくなりました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 4
    2015/7/2

    コレ、本好き、作家が夢の人間にはちょっと来る映画。
    分かる!って気持ちと整えられた環境を羨んだり。

    やっぱり何度も引用されたり、心に残るフレーズを生み出すセンスが必要よねぇ・・

    パパの押しの強さや鬱陶しさは、『リトル・ミス・サンシャイン』のパパに磨きがかかっている。

    サマンサたちのカップルは出会うべくして出会ったという感じ。凄くお似合い。
    危ういラスティの恋。何か健気で痛々しくて切なかったなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告