TOP > 上映中の映画作品を探す > ダライ・ラマ14世

1989年にノーベル平和賞を受賞した僧侶、ダライ・ラマ法王14世を追ったドキュメンタリー。来日時やインドのダラムサラ、ラダックの取材を通して、ダライ・ラマ法王14世の素顔とチベット問題の本質に迫る。監督・構成・編集は「大阪ハムレット」の光石富士朗。音楽を「ストロボ・エッジ」の世武裕子、語りを「フィギュアなあなた」の柄本佑が担当する。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
12

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ダライ・ラマ法王14世、本名テンジン・ギャツォ。1989年にノーベル平和賞を受賞、観音菩薩の生まれ変わりとされる僧侶である。1935年生まれ、2歳にしてダライ・ラマ13世の転生者と認定され、1940年にダライ・ラマ14世として即位。だが1959年、中国の侵略と弾圧によって亡命を余儀なくされたダライ・ラマ14世とチベットの人々はインドのダラムサラで山を切り拓き、亡命政権を作りあげる。翌年には教育を開始。今では子供たちは言語だけでも英語、チベット語、ヒンディー語、未来の対話の為に中国語も学んでいる。2008年3月、中国チベット自治区でチベット人による大規模な暴動が発生。それを機にチベットの自由を求めるデモが世界各地で巻き起こる。そんな中でも一貫して平和を説いてきたダライ・ラマ14世だが、今も変わらずチベット問題は存在している。来日時、質問者にまっすぐに向き合い真剣にユーモアたっぷりに答えるダライ・ラマ14世の姿や、チベット文化とチベット仏教の根付いた地、インドのダラムサラとラダックの取材を通して、ダライ・ラマ14世の素顔、そしてチベット問題の本質に迫っていく。

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 ブエノスフィルム
上映時間 116
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 光石富士朗
構成 光石富士朗
企画 薄井一議薄井大還
企画協力 坪井卓長島慎
音楽制作 内山雄介
エグゼクティブプロデューサー 土屋尚志
プロデューサー 吉田裕
製作 薄井一議
撮影 薄井大還薄井一議光石富士朗吉田裕
編集 光石富士朗薄井一議岡松真行富塚友紀松本ちあき村上美智子
音楽 世武裕子
チェロ演奏 奥泉貴圭
EED 山谷亨
仏教学監修 合田秀行
特別協力 ダライ・ラマ法王 日本代表部事務局
語り 柄本佑
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ダライ・ラマ14世