映画-Movie Walker > 作品を探す > 人生の約束

人生の約束の画像

富山県射水市新湊地区で約360年続く、新湊曳山まつりにかける人々の思いを描く、竹野内豊主演の人間ドラマ。故郷で続く祭の継続を何よりも大事にしていた亡き親友の思いを知った男が、親友の娘の願いを叶えようとする姿を描く。「池中玄太80キロ」などテレビドラマ界の巨匠として知られる石橋冠の映画初監督作となる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 42
レビュー 10
投票 32
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 38% (7)
星4つ 100% (18)
星3つ 77% (14)
星2つ 16% (3)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

IT関連企業のCEOを務める中原祐馬(竹野内豊)は、他人に興味を持たず、会社を拡大させること以外には目もくれなかった。そんな彼の携帯電話に、一緒に会社を立ち上げ苦楽を共にしながらも会社から追い出したかつての親友・塩谷航平から何度もかかってくる。疎ましく思い電話には出なかったが胸騒ぎを覚え、祐馬は仕事をキャンセルして彼の故郷である富山県新湊の四十物町(あいものちょう)に向かったところ、航平の死を知る。町内会長の西村玄太郎(西田敏行)によると、病のために余命わずかとなった航平は最後に曳山につながりたいという思いから15年ぶりに故郷に戻っていた。頭の整理がつかないままに祐馬は線香をあげようとするが、航平の義兄・鉄也(江口洋介)は会社から航平を追い出し最期の電話にも出ようとしなかった祐馬が腹に据えかね手を上げようとする。航平の娘・瞳(高橋ひかる)の落ち着いた対応によりその場はおさまったものの、航平に子どもがいたことを初めて知った祐馬は驚かざるを得なかった。自分にできることはないか瞳に聞くと、西町から四十物町の曳山を取り返してほしいという答えが返ってくる。四十物町から若者が流出し曳き手が足りない上に曳山の維持費を捻出できずにいる中、潤沢な資金のある新興の西町から今年の祭りは四十物町に曳かせることを条件に、曳山を譲ってほしいとの打診を受ける。曳山は売り買いするようなものではないものの状況が状況なだけにやむなく決断するものの、西町の会長・武田善二(柄本明)は譲渡式が終わるとあっさりと約束を反故。町に戻っていた航平は、今わの際まで武田のもとに足を運び抗議をしていた。一方、東京にある祐馬の会社が不正取引の疑いで強制捜査を受ける。築き上げたものすべてを失った祐馬は、一度口にしたことは実行するとかつて航平と交わした約束を思い出し、東京地検の依頼を受けた富山県警の刑事・岩瀬厚一郎(ビートたけし)の捜査が迫る中、瞳との約束を守るために祭りが間近に迫る新湊に再び向かう。

見たい映画に
登録した人
76

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 120
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 石橋冠
プロデューサー 佐藤貴博石田雄治荒川優美里内英司中山秀一
脚本 吉本昌弘
企画 一家明成
撮影 山下悟水梨潤
音楽 吉川清之
ゼネラルプロデューサー 奥田誠治
美術 宮崎洋
編集 富永孝
録音 瓜生公伸
スクリプター/記録 愛川由香
スチール 西永智成
音響効果 下城義行
エグゼクティブプロデューサー 門屋大輔大井紀子
助監督 湯浅真
監督補 本多繁勝
照明 小林靖直
ライン・プロデューサー 井上博己
制作プロダクション 5年D組
映像技術 小林靖直
映像 守屋誠一
製作担当 飯塚昌夫

キャスト

中原祐馬 竹野内豊
渡辺鉄也 江口洋介
沢井卓也 松坂桃李
大場由希子 優香
藤岡小百合 小池栄子
冨樫美紀 美保純
渡辺美也子 市川実日子
渡辺瞳 高橋ひかる
近藤陽介 立川志の輔
西村好子 室井滋
武田善二 柄本明
岩瀬厚一郎 ビートたけし
西村玄太郎 西田敏行

レビュー

友情や人とのつながりの大切さ

投稿者:いろ

(投稿日:2016/01/29)

友情、人とのつながりの大切さを改めて感じました。 祭りを中…

[続きを読む]

支持者:0人

航平さんが。

投稿者:ひゃん

(投稿日:2016/01/26)

1980年放送「池中玄太80キロ」は当時大好きなTVドラマだ…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 人生の約束