日本のいちばん長い日|MOVIE WALKER PRESS
MENU

日本のいちばん長い日

2015年8月8日公開,136分
  • 上映館を探す

混迷極める太平洋戦争末期の日本において国の行く末を模索する人々の姿を描いた、半藤一利のノンフィクション小説を映画化。陸軍大臣、天皇陛下、総理大臣など閣議に参加した人々の姿と、クーデターを企む青年将校たちの姿が描かれる。監督は『駆込み女と駆出し男』など、人間ドラマに定評のある原田眞人。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

太平洋戦争末期の1945年7月。連合国は日本に対し、無条件降伏を求めるポツダム宣言の受諾を要求。降伏か本土決戦かを巡って連日連夜、閣議が開かれるが、結論は出ないまま。やがて、広島と長崎に原子爆弾が投下され、事態はさらに悪化。阿南陸軍大臣、天皇陛下らが苦悩する中、終戦に反対する青年将校によるクーデター計画が発覚する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
アスミック・エース 松竹
上映時間
136分

[c]2015「日本のいちばん長い日」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • お水汲み当番

    4
    2020/7/19

    どんな集団にも自らの利権を守ろうとする本能があるわけです。

    もちろん旧・帝国陸軍なんてのはその最右翼。
    彼らにとって、人を殺すことが利権なんですな。
    もちろん、本人たちはこの真相に気がついていないのでしょうけどね。

    てなわけで、陸軍の若い軍人たちの本能を巧みに潜り抜けながら、終戦に持ち込もうとする老練な人たちの手腕を鑑賞する映画と言えるでしょう。

    単純な若さよりも、百戦で錬磨された老練な者たちが勝つというのは、ある意味、爽快なテーマでありますね。
    そのテクニック、けっこう勉強になったりしました。
    戦闘シーンもごく少ないですが、切腹のシーンだけはちょいとグロいかも知れません。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • あちゃぺ

    2
    2019/2/20

    大東亜戦争を終結させる日本の中枢部の苦悩を描く映画って思って観たけど、正直言って期待ほどのものじゃなかった…。
    大東亜戦争の終結させなければならないとする中枢が、本土決戦での勝利を信じて疑わない若き将校たちの暴発を必死に防ごうとする。8月15日12時の玉音放送までの必死のせめぎ合いを描く。
    昭和天皇が国民を思う気持ちが、この映画には素晴らしいまでに描かれていて、改めて昭和天皇の素晴らしさを思い知らされた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 矢口渡

    3
    2018/8/10

    この作品を、フィクションと見るか、ノンフィクション風に作ったかで評価が分かれるかもしれない。よくできていると思う。その中で、阿南惟幾の姿を、新しく描きたかったのか。ある面、クーデターを自分の身を捨てることで救ったというストーリー。ただ、もっと無骨な感じの阿南や、もう少し孤高感のある天皇や、老骨に鞭打つ総理の方が、シンプルで感情移入はしやすい。また、あえてモノクロ映画で見せても良かったかも。前作の三船 阿南でなく、新しいイメージの阿南を役所広司で作りたったんだろうと感じた。松坂桃李と、嵐芳三郎、大場泰正らが、印象に残った。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告