映画-Movie Walker > 作品を探す > ナオトひとりっきり Alone in Fukushima

ナオトひとりっきり Alone in Fukushimaの画像

2011年の福島原発事故直後に全町避難となり、無人地帯となった福島県双葉郡富岡町に残り、いきものたちと暮らす一人の男性を追ったドキュメンタリー。「孤独なツバメたち デカセギの子どもに生まれて」の中村真夕監督が、放射能汚染された町の中で穢れなきいのちを見つめ、本当の幸せとは何かを問いかける。音楽は「0.5ミリ」の主題歌を担当した寺尾紗穂

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

福島第一原発から12キロにある福島県双葉郡富岡町。2011年の原発事故直後、全町避難となったこの町には腹をすかせた犬猫や、家畜があふれていた。そんな場所に一人残った55歳の松村直登は、動物たちに必死にエサを与え続ける。その後、犬猫は動物愛護団体に救出されたが、ほとんどの牛や家畜は殺処分された。殺処分を拒否した畜主から預かった牛たち約30頭を預かり、面倒を見始めたナオト。だが彼は畜産家でも動物愛護家でもなかった……。高校卒業後、ナオトは建設業の仕事に就き、福島第一・第二原発の建設にも関わった。その後、東京近郊で出稼ぎとして働いたが、バブル崩壊後は仕事が減り、富岡町の実家に戻ってくる。原発があることで地元は潤い仕事も増えたが、妻と子どもは家を出て行った。年老いた両親と暮らす中、原発事故が発生。日常は一変し、人の人生をカネで解決しようとする不条理に納得できないナオトは、ひとりここに残ることを決める。電気も水道もない無人の町で生きるナオトの圧倒的な孤独を救ってくれたのは、同じく町に置き去りにされた動物たちであった。ダチョウ、牛、猫、犬、イノブタ、ポニー……。子猫が生まれる一方で、命を全うしていく牛もいる。生きること、生かし続けること、その日々の闘いがナオトの新たな生きる道となる……。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 中村真夕
撮影 中村真夕
音楽 寺尾紗穂
編集 中村真夕
整音 古谷正志

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
フォードvsフェラーリ
フォードvsフェラーリ

マット・デイモン&クリスチャン・ベイル主演で王者に挑んだフォードの男たちを描く

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

J・J・エイブラムス監督がスカイウォーカー・サーガの終わりを描くシリーズ最終章

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ナオトひとりっきり Alone in Fukushima