映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・トライブ

ザ・トライブの画像

長編映画初監督となるミロスラヴ・スラボシュピツキーが、主演のグレゴリー・フェセンコを含む全ての出演者にプロの俳優ではない聾唖者を起用し、全編セリフなし、音楽なしで作り上げたドラマ。カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリなど、世界中で多数受賞。聾唖者専門の寄宿学校を舞台に、悪の道に染まった若者の葛藤を描く。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 20
レビュー 5
投票 15
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 11% (1)
星4つ 100% (9)
星3つ 88% (8)
星2つ 11% (1)
星1つ 11% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

セルゲイ(グレゴリー・フェセンコ)は、聾唖者専門の寄宿学校に入学する。その学校では公式祝賀会が開かれ、一見、民主的な雰囲気に包まれているが、裏では犯罪や売春などを行う悪の組織“族(=トライブ)”によるヒエラルキーが形成されていた。入学早々、セルゲイも手荒い歓迎を受ける。リーダーを中心とした集団が観戦する中、数人の学生を相手に殴り合いを強要されたセルゲイは、意外な強さを示したことから、組織の一員として認められる。当初は下っ端だったセルゲイも、恐喝や凶悪な暴力行為に加担していくうち、次第に実力者として頭角を現してゆく。組織の主要な財源は売春。セルゲイは先輩に付き添って、毎晩のようにリーダーの愛人アナ(ヤナ・ノヴィコヴァ)と同室の女、2人を車に乗せて、長距離トラックが駐車しているエリアまで送り届けていた。厳寒の中、数10台ものトラックの間を徘徊し、ドアを叩いて運転手に女たちを見せながら、交渉を開始。やがて話がまとまると、女たちは運転席に乗り込むという段取りだった。ある夜、駐車場で先輩がトラックに轢かれて死亡する事故が発生。セルゲイは、すぐにその後任に収まる。そして毎晩のように送迎を繰り返すうち、アナに恋してしまう。やがて、恐喝で得た金を上納せずにアナに貢ぎ、たびたび関係を持つようになるセルゲイ。一方、同室の女とウクライナから脱出し、イタリアに旅立つことを夢見るアナのために、リーダーは出入国管理事務所で2人のパスポートを入手する。アナへの狂おしい想いに囚われたセルゲイは、感情を抑えられず、売春の元締めである木工の教師の部屋を急襲。金を奪ってアナに差し出し、売春とイタリア行きをやめるよう懇願するが、彼女は激しく拒絶する。さらに、リーダーたちの手酷いリンチに遭い、満身創痍となったセルゲイは、怒りと憎悪を露わにして、ある決断を下す……。

見たい映画に
登録した人
35

作品データ

原題 ПЛЕМЯ
製作年 2014年
製作国 ウクライナ
配給 彩プロ、ミモザフィルムズ
上映時間 132
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

心の声

投稿者:seapoint

(投稿日:2015/05/09)

聾唖の人が出演している映画は数あるが、予告から彼らが集団とな…

[続きを読む]

支持者:1人

音のない世界での悪

投稿者:Pilot

(投稿日:2015/05/04)

強烈なインパクトを放っている作品でした。 作品の中でのセリ…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・トライブ