映画-Movie Walker > 作品を探す > 皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇

皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇の画像

メキシコの都市シウダー・フアレスで麻薬密輸カルテルから街を守ろうとする警察官と、麻薬王たちの武勇伝を歌にして成功を掴もうとする歌手の姿を追ったドキュメンタリー。監督は、ロバート・キャパ賞受賞の写真家で、本作が初の監督作となるシャウル・シュワルツ。2013年ベルリン国際映画祭パノラマ部門正式出品作品。

3/5
総評価数 12
レビュー 0
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (4)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

“世界で最も危険な街”とされるメキシコの都市シウダー・フアレスは、およそ100万の人口に対し、年間3000件を超す殺人事件がある。殺人事件の現場で証拠品を集める地元警察官リチ・ソトと同僚たちは、報復を恐れて黒い覆面を被って事件現場に出動する。メキシコでは3%の犯罪しか捜査されず、99%の犯罪は罪に問われず放置される。事件の背後にある強大な力を持つ非合法の麻薬密輸カルテルは、警察組織や軍を買収し、捜査を阻む。組織に従わないものは殺される。リチは現場検証で証拠物品を集めるだけ。1年間で彼の同僚警官が4人も殺害された。国境をまたいだアメリカ合衆国の都市エルパソは年間殺人件数5件で、全米で最も安全な街だ。家族はリチに渡米を強く勧めるが、彼は故郷を想い、街を少しでも平和にしたいという信念で、決して離れようとはしない。メキシコだけでなくアメリカでも人気を集める音楽ジャンル“ナルコ・コリード”で、麻薬カルテルのボスたちは英雄として讃えられている。ナルコ・コリードの歌手、エドガー・キンテロは、その人気に乗ってのし上がってきた。ボスたちは彼に自分の武勇伝を話し、歌にしてもらう。ボスたちは歌が気に入れば、エドガーに1万ドル以上のチップを払う。エドガーが所属するバンド“ブカナス・デ・クリアカン”がリリースしたCDのセールスは10万枚を超えている。10代に人気のこの音楽ジャンルの歌詞は、殺し、拷問、誘拐など麻薬密輸にまつわる暴力的なもの。麻薬王たちを英雄視するその音楽はメキシコ国内では放送禁止となっているが、彼らのアルバムは全米のウォルマートでも販売されビルボードにもランクインしている。エドガーはロサンゼルス育ちのメキシコ系アメリカ人で、実際にはインターネットでしかメキシコの麻薬カルテルのことを知らない。彼は本当のギャングたちに会いたいと、メキシコ最大の麻薬密輸組織、シナロア・カルテルの本拠地クリアカンへと旅立つ。

見たい映画に
登録した人
24

作品データ

原題 NARCO CULTURA
製作年 2013年
製作国 アメリカ メキシコ
配給 ダゲレオ出版〔イメージフォーラム・フィルム・シリーズ〕
上映時間 103
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇