TOP > 映画作品を探す > 灰色の烏

灰色の烏の画像

シンガーソングライターで本作主演の西田エリが発表した曲『灰色のカラス』を基に、自ら描き下した絵本『灰色のからす』からインスパイアされた青春サスペンス。天狗伝説のある山から下山中に遭難したガールキャンプクラブのメンバーたちの心の変化を描く。監督・脚本は、「ホールイン・ワンダーランド」の清水直艶。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
4

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

娘・望月珠恵(西田エリ)と二人暮らしの母・千恵子(内田春菊)は、夫に捨てられたことで心を病み、珠恵に依存している。珠恵もまた、幼い頃に母の連れ込んだ男に迫られて以来男性不信で、勤務先の社長・沼口(仁科貴)からの見合い話にも興味が持てない。さらに雑用程度の社員を置いておく余裕はないと嫌味を言われ、行き場のない思いを抱えていた。ある夏の日、珠恵がリーダーを務めるガールキャンプクラブ“ウェンディクラブ”が、天狗の山にキャンプに行くことになる。珠恵が支度をしていると、自分を捨てて逃げていくと勘違いした千恵子に罵倒され、思わず手にした包丁を振り上げてしまう。一方、沼口の娘で中学生のマナ(小林歌穂)は、友人の安西シオリ(安保彩世)にキャンプに誘われる。2人きりだと思っていたマナは、ウェンディクラブの活動と知り落胆する。珠恵を中心に、小学6年生の宇川ミズキ(うらん)、10歳のもも(市川月奈)の5人でキャンプに出発する。キャンプ地で一行がキャンドルを囲むと、シオリが天狗の山の伝説を語り出す。昔、鬼婆と間違えて母親を殺してしまった若者がこの山で天狗となった。彼は今も母を想い泣き暮らしており、心に隙間のある者が天狗岩の前を通ると、天狗にさらわれると言われている。下山しながら天狗岩の前を通った一行は、立ち入り禁止区域に入って遭難してしまう。母のことで苛立つ珠恵は、マナとの衝突をきっかけにメンバーとの関係にも亀裂が入る。そこに、青年・椿(中山龍也)が現れる。最初は恐怖心を抱いていた珠恵たちだったが、何かと世話をしてくれる椿に次第に心を許す。やがて、椿の存在が心の隙間に入り込んでいった彼女たちは、心に秘めていた想いをさらけ出していく。彼女たちは無事に下山できるのか? そして物語は、意外な結末を迎える……。

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 アールツーエンターテインメント
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 清水艶
脚本 清水艶木村優希
音楽 小野川浩幸
プロデューサー 斉藤洋四朗小泉朋福嶋美穂
企画協力 西野入一明
製作協力 平野博靖
撮影監督 加藤哲宏
照明 石金真人
美術 塩川節子
衣装(デザイン) 原田幸枝
ヘアメイク Carrie
スクリプター 森由布子
監督補 濱本敏治
助監督 大塚玲未
脚本協力 菅野友恵
主題曲 西田エリ
その他 西田エリテトラカンパニーベストワンプロアースダイバー
録音 宮崎祐介
編集 清水艶石金真人

キャスト

モチヅキタマエ 西田エリ
椿 中山龍也
ヌマグチマナ 小林歌穂
アンザイシオリ 安保彩世
宇川ミズキ うらん
モモ 市川月奈
齋藤美咲
ヌマグチ 仁科貴
モチヅキチエコ 内田春菊
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 灰色の烏