映画-Movie Walker > 作品を探す > リスナー

東京藝術大学、松竹ブロードキャスティング、アミューズの共同制作によるラジオを題材にした5つの短編と、全体を取り巻くラジオ番組からなるオムニバス映画。出演は、「ナニワ銭道」の駿河太郎、「故郷の詩」の嶺豪一。声の出演は、ラジオパーソナリティーの曽根由希江、「リトル・フォレスト 冬・春」の温水洋一

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

「Unlucky」解散を決め、暗い気分で最後のドライブをするバンド。カーラジオから流れる番組『鼻歌レスキュー』で、彼らの唯一のヒット曲に似た鼻歌が流れてくる。投稿者に込められている想い、リスナーの想いが、ラジオによって時間や場所を超えて結びつき、沈んでいたバンドメンバーたちの気持ちに変化を与えていく。「電波に生きる」古着工場で派遣労働をする御法川は、口内の銀歯で電波を受信して、脳内に流れるラジオ放送を聴くことができる。しかし、サッカーW杯の日本戦の夜、銀歯を失ってしまう。ラジオが聞こえなくなり、バランスを崩した御法川は工場を飛び出すが……。「残されたモノ」日本の寂れた風俗店で働く不法滞在の韓国人女性シネは、店のマネージャー、タダナリの暴力に日々耐えていた。ある日震災が襲い、シネは気が付くと、タダナリと他の韓国人のジョンヒと共に、雑居ビルに閉じ込められていた。シネとジョンヒはどうにかして外に出ようとするが、タダナリはそれを遮る。3人はかろうじて聴こえてくるラジオの放送をたよりに、脱出を試みる。「RADIO GIRLS」若者にカリスマ的な人気を誇るDJワッチのラジオが常に流れている、とある郊外の街。女子高生のルイたちは、自由を謳うワッチの声に合わせるように、好き勝手に遊ぶことで青春を謳歌していた。しかし、ある日の放送中、ワッチの過去が明らかになり、ラジオ番組は崩壊してしまう。すると、ルイたちの青春も少しずつあやふやになってしまい……。「ブエルボ アル スール」ラジオ局の老プロデューサーが退職間近に特別企画と銘打ち、旧知の仲であるブラジルのビックバンド、プエルボ アル スールを呼び寄せる。しかし、来日したのはボーカルのカルロスのみで、他のメンバーは既に亡くなってしまったと言う。番組は、当初の企画から破綻したまま進行していくが、カルロスが突如口を開くと、他のメンバーの魂が呼び出され、番組は意外な展開を迎える。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 東京藝術大学大学院映像研究科
上映時間 111
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ライオン・キング
ライオン・キング

ディズニーの人気アニメーション『ライオン・キング』を新たな映像表現で実写映画化

天気の子
天気の子

家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語を紡ぐ、新海誠監督によるアニメーション

ダンスウィズミー
ダンスウィズミー

矢口史靖監督が三吉彩花を主演に自ら脚本も手掛けて挑む初のミュージカルコメディ

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > リスナー