インヒアレント・ヴァイス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

インヒアレント・ヴァイス

2015年4月18日公開,149分
R15+
  • 上映館を探す

『ザ・マスター』のポール・トーマス・アンダーソン監督が覆面作家として有名なトマス・ピンチョンの小説を映画化したコメディタッチのサスペンス。1970年代のロサンゼルスを舞台に巨大な陰謀に巻き込まれたヒッピー探偵が巻き起こす騒動を描く。主演は『ザ・マスター』に次いで監督とは2度目のタッグとなるホアキン・フェニックス。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロサンゼルスに住む私立探偵のドックは、不動産王で大富豪のウルフマンの愛人である元カノのシャスタから依頼を受ける。ウルフマンの妻とその恋人が財産を奪い取ろうとするのを阻止してほしいというのだ。早速、捜査に乗り出すが、ドックは殺人の濡れ衣を着せられ、ウルフマンもシャスタも失踪してしまい、キナ臭い騒動に巻き込まれていく。

作品データ

原題
INHERENT VICE
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
149分

[c]2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC, AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • みるみる

    3
    1ヶ月前

    1970年代という時代背景はやっぱりヒッピー文化と切り離せないんですかね~。独特のファッションとかマリファナとかね。マンソンの名前も出てくるし時代を感じます。個人的には女の子は可愛いし長髪の男子、ベルボトムにサイケな柄なんか嫌いじゃないけど。
    何故か足の裏がいつも汚れてる、いい奴なんだか分からないドックのフラフラした探偵物語。むさ苦しくてだらしないけど憎めないドック。ホアキン・フェニックスが本当にいい味出してる。協力者もちゃんといるし、エキストラをしてるビックフットとの懲りない関係も面白いです。オーウェン・ウィルソンの役どころもいい感じ。ドックとシェスタの回想シーンはとても可愛らしかった。
    70年代後半になるとヒッピー文化も下火になったそうなんで少しずつ生き方を変えなきゃいけない二人の今後は?って感じの終わり方なのかなぁ。
    これ!といったメッセージは感じないけど2時間越えの割にはテンポよくあっという間に見ちゃいました。ホアキン・フェニックス素敵ですよ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • けんけんぷら

    2
    2015/5/6

    読了が出来なかった数少ない小説のうちの一つ、トマス・ピンチョン著『L.A.ヴァイス(邦題)』。映画なら大丈夫かもと観に行きましたが、小説同様撃沈。ロサンゼルスには4年ほど住んでいましたが、1970年のLAってあんな感じだったのかなあ、原作ほどの空気感もなく言葉の洪水もなく(って途中までしか読んでませんが…)
    ピンチョン×PTAは成功だったのでしょうか?原作読破された方のレビュー求むです!文庫化されていなくてご立派な装丁の高価な単行本でしか発行していない出版社のセンスもひどいですが、サイケっぽいこの映画のチラシ・ポスターもちと違うような。(チラシ・ポスターのほうが断然かっこいいのですが、それはそれでもんだいかと)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ごっとん

    1
    2015/4/27

    すみません、はっきり言って面白くなかったです。途中で少し寝てしまいました。当日、外国人の方が多く見てましたが、笑うポイントって日本人と違うのですね。翻訳のニュアンスがちがうのか、人種で考え方が違うのか。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告