映画-Movie Walker > 作品を探す > 酒中日記

坪内祐三の同名エッセイを原作に、坪内本人が主演を務め、人はどのように酒を飲み友と何を語るかをテーマに、実際馴染みにしている酒場を巡り歩く異色作。重松清都築響一亀和田武杉作J太郎中原昌也康芳夫南伸坊中野翠といった個性豊かな面々が集まり独自の談議に花を咲かせ、飾らない素顔を垣間見せる。監督は「俗物図鑑」の内藤誠

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

某月某日。ツボちゃんこと坪内祐三が新宿ゴールデン街に現れる。文壇酒場〈しん亭〉2Fでは足かけ15年にわたる読書会が行われている。柳田國男の「明治大正史世相篇」にはじまり、エドマンド・ウィルソン、本居宣長、クロード・レヴィ=ストロースに続いて今は小林秀雄の「本居宣長」を読む。夜は新宿の文壇バー〈猫目〉で、移り行く東京の街並み、過去から現在までの東京特有の文化について都築響一と語る……。某月某日。雑司ヶ谷霊園にて敬愛する永井荷風の墓石に手をあわせる。その後、「古書往来座」で気になる本を物色。夜は銀座の文壇バー〈ザボン〉で亀和田武、杉作J太郎と“新時代のナポレオン”という奇抜な酒を囲んで歓談を楽しむ。銀座から新宿〈猫目〉に移動、入口で中原昌也と遭遇し連れ立つ。店では重松清も飲んでいる。カウンター席で中原と忌憚のない語らい。やがて独りになったツボちゃんは、重松のボックス席に合流。素面で会ったことのない二人はこの日も豪快に飲み続ける……。とある日の〈猫目〉カウンター。南伸坊、康芳夫と飲む。話題は南の名人芸「本人術」から、ツボちゃんの顔の造作まで多岐にわたる。南ともう一軒、同じ新宿に店を構える文壇バー〈風紋〉へ向かうとそこには中野翠の姿があった。話の中心は三人が大好きな相撲について。そしてまた夜が更けていく……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 マジックアワー
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 内藤誠
プロデューサー 梶修明
原作 坪内祐三
脚本 内藤研
企画 瀬戸恒雄
撮影 田中一成彦坂みさき武井隆太朗
音楽 久岡めぐみ
編集 齊藤裕人
録音 山口満大成ヶ澤玲
スチール 赤井紀美
エグゼクティブプロデューサー 木村圭二郎
ナレーション 平松沙理
題字/タイトル 坪内祐三
整音 上倉泉島田和行高橋泰治
制作 善田真也村上俊輔
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 酒中日記