白河夜船|MOVIE WALKER PRESS
MENU

白河夜船

2015年4月25日公開,91分
PG12
  • 上映館を探す

よしもとばななが1989年に発表した同名小説を「星影のワルツ」の若木信吾監督が映画化。“眠り”に取り憑かれ、暗闇の中で逡巡する男女の姿を静かに紡ぎ出す。「かぞくのくに」で兄妹を演じた安藤サクラと井浦新が再共演を果たし、ほかに「海炭市叙景」の谷村美月、『家をたてること』の紅甘、「あれから」の伊沢磨紀、竹厚綾が出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

恋人の岩永(井浦新)と不倫関係を続ける寺子(安藤サクラ)は、仕事もせず毎日家で岩永からの電話を待つだけの日々を送っている。岩永の妻(竹厚綾)は、交通事故にあって以来ずっと植物人間状態にあった。岩永との関係は進展することもなく穏やかに続いていたが、寺子にとって最愛の親友しおり(谷村美月)が死んでしまったことだけは彼に言えずにいた。大学時代に一緒に住んでいたしおりとはどんなことでも話せる仲で、岩永との関係についていつも親身に相談に乗ってくれたのも彼女であった。しおりは男たちにただ添い寝をする“添い寝屋”という奇妙な仕事をしており、まるで天職のようにその仕事に夢中になっていた。そんなしおりが自ら死を選んでしまったことに寺子はショックを受けるが、なぜか岩永に言い出せずにいた。しおりと過ごした日々を思い返しているうちに、寺子の眠りは徐々に深くなる。どんなに深い眠りのなかでも岩永からの電話だけは聞き分けられるのが自慢だったが、ついに彼からの電話にも気付かなくなってしまう。まるで何かに取り憑かれたように眠り続ける寺子。やがて彼女は、夢と現実の境目すら曖昧になっていく……。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
日本
配給
コピアポア・フィルム
上映時間
91分

[c]2015 よしもとばなな/『白河夜船』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.3
  • たっかん

    1
    2015/11/23

    安藤サクラ演じる「よく眠る女」を見て、こちらが眠くなった。しかし、なんとか眠らずに全編を鑑賞した。
    寝ないで観た自分をホメてあげたくなるような、非常に退屈な映画だった。

    安藤サクラは、これまで『かぞくのくに』、去年の『百円の恋』などで存在感を見せてくれたので、期待してしまった。
    キネマ旬報ベストテン表彰式で、安藤サクラ本人を近年2回見ている。それほど、最近のキネ旬女優賞を取っているということなのだが、この映画はいただけない。

    相変わらず、ヌードを厭わぬ安藤サクラの姿勢に向けた評点である。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ごっとん

    3
    2015/5/2

    眠らない事を仕事にしていた友達と、植物状態の不倫相手の奥さんとの間で精神的に重圧を受け、苦しむ。眠りに引き込まれる精神状態は誰にでも起こりうる事かもしれません。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告