百日紅〜Miss HOKUSAI〜|MOVIE WALKER PRESS
MENU

百日紅〜Miss HOKUSAI〜

2015年5月9日公開,90分
  • 上映館を探す

江戸時代に当時の風俗をとらえ、庶民から愛された“浮世絵”。浮世絵に生涯を捧げ、3万点を超える作品を発表した浮世絵師・葛飾北斎とその娘・お栄と、江戸に生きる人々との交流を描いた、杉浦日向子の同名漫画を『カラフル』の原恵一監督がアニメーション映画化した人間ドラマ。主人公・お栄役で杏が長編アニメ作品の声優に初挑戦。

予告編・関連動画

百日紅〜Miss HOKUSAI〜

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

お栄は父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らす浮世絵師。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、離れて暮らす妹のお猶と出かけたりしながら、絵師としての人生を謳歌していた。恋に不器用で絵に色気がないと言われて落ち込むも、決して絵を描くことを諦めない、そんなお栄の日常にも変化が訪れようとしていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
90分

[c]2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.6
  • 竃猫

    5
    2015/11/14

    あの長い上下巻の原作を、北斎の家族の物語として編み直すのは大変な苦労だったと思う。石部金吉の弟を出すか否かも、屹度、大分悩んだと拝察する。だが、その苦労は成功しており、北斎一家の愛情の物語が良く描けているのではないかと思う。★は少し甘めだが、原作者だったらそうするだろうと言う推測に従った。ご存命中にTVで拝見する限りだったが、どんな物でも美点を掬い上げ、論難することが無かった。
    そう言えば、パンフレットの写真は、あるいは撮影は兄上によるものかも知れないが、ご病気になる前のものかと思う。その点、製作者達の細かい配慮が光っている。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たかちゃんlove

    3
    2015/6/10

    杉浦日向子の独特の世界を再現できるのか?と思っていたのですが、心配無用でした。
    短編を繋げて季節の移ろいを表現できていました。
    ただ、声優はどうなんだろう?というのが少々引っかかりました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 元電気メーカー社員

    4
    2015/6/2

    話が北斎親子ともなれば、現在まで伝えられているエピソードから、派手な起承転結も創れたでしょうに、ドラマチックどころか転結も排したような淡々としたストーリーを、ほぼ人物描写だけで、豊かな世界に膨らませた手腕は見事。

    200年前、人々の日常と共に居たもののけ達は、人の心が生み出した幻想だったのか? それとも今は、我々の目につかないところに潜んでいるだけなのか?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告