映画-Movie Walker > 作品を探す > みんなの学校

みんなの学校の画像

児童や教職員、さらには地域住民までもが一体になって“すべての子どもに居場所がある学校”を目指す大阪市の市立大空小学校の取り組みを、1年に渡って取材したドキュメンタリー。日本の教育が抱える問題や教育改革のあり方を問い直す。平成25年度文化庁芸術祭大賞受賞作。監督は、関西テレビの報道部門で活躍してきた真鍋俊永

5/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 4
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 50% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大阪市住吉区にある市立大空小学校が目指すのは、“不登校ゼロ”。ここでは、特別支援教育の対象となる発達障害がある子も、自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、みんなが同じ教室で学ぶ。普通の公立小学校だが、開校から6年間、児童と教職員だけでなく、保護者や地域の人も一緒になって、誰もが通い続けることができる学校を作ってきた。すぐに教室を飛び出してしまう子も、つい友達に暴力を振るってしまう子も、みんなで見守る。ある時、“あの子が行くなら大空には行きたくない”と噂される子が入学。これに対して、木村泰子校長は“じゃあ、そんな子はどこへ行くの?そんな子が安心して来られるのが地域の学校のはず”と答えて受け入れた。やがて彼は、この学び舎で居場所を見つけ、春には卒業式を迎える。今では、他の学校へ通えなくなった子が次々と大空小学校に転校してくるようになった。この取り組みは、支援が必要な児童のためだけのものではない。経験の浅い先生をベテランの先生たちが見守る。子供たちのどんな状態も、それぞれの個性だと捉える。そのことが、周りの子供たちはもちろん、地域にとっても“自分とは違う隣人”が抱える問題を一人ひとり思いやる力を培ってきた。映画は、日々生まれかわるように育ってゆく子供たちの奇跡の瞬間、ともに歩む教職員や保護者たちの苦悩、戸惑い、喜び。そのすべてを絶妙な距離からありのままに映してゆく。そもそも学びとは何だろうか?そして、あるべき公教育の姿とは?大空小学校には、そのヒントが溢れている。

見たい映画に
登録した人
8

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 東風
上映時間 106
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 真鍋俊永
プロデューサー 中尾雅彦加藤康治兼井孝之
企画 迫川緑
撮影 大窪秋弘
編集 北山晃
音響効果 萩原隆之
ナレーション 豊田康雄
題字/タイトル 谷篤史
整音 中嶋秦成
編集協力 秦岳志
撮影助手 堀貴人

レビュー

校長先生の言葉

投稿者:イナムー216

(投稿日:2015/07/26)

校長先生が卒業式で子供に向かって言う言葉『これからは自分の為…

[続きを読む]

支持者:0人

希有なるドキュメント

投稿者:もってぃ

(投稿日:2015/04/01)

問題児や障害児、他校に通えなくなった子ども達の受け皿となった…

[続きを読む]

支持者:0人

ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > みんなの学校

ムービーウォーカー 上へ戻る