ピンクとグレー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ピンクとグレー

2016年1月9日公開,119分
  • 上映館を探す

NEWSの加藤シゲアキが、芸能界の嘘とリアルを描き、衝撃を呼んだ同名小説を行定勲監督が映画化。亡き親友の伝記を書いた事で時の人となった主人公が、喪失感や偽りの名声に苦しみ、次第に自分を見失っていく姿がつづられる。ドラマ「水球ヤンキース」などで人気のHey! Say! JUMPの中島裕翔が主人公役で映画初主演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大人気スター俳優の蓮吾が突然、亡くなった。第一発見者は幼い頃からの親友である大貴で6通の遺書を見つける。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生をつづった伝記を発表した大貴は一躍時の人となり、スターの地位を手に入れる。蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しみ、大貴は自分を見失っていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
119分

[c]2015『ピンクとグレー』製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.2
  • しえこ

    4
    2017/6/13

    菅田さんのカメレオン俳優っぷりが堪能できる作品でした。原作を読んでないので読んだ方が詳しい背景がわかるのかなーっと。前半は行定監督のトーンでいい感じでしたが後半の展開がうーん。でも期待してたよりすごく楽しかったです!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • でーいー

    3
    2016/2/22

    っていうような内容にはとどまってない出来です。
    でも、行定さんって映画観てるのかな?
    疑いたくなるような描写がいっぱい。
    まあ、きっとヒットするよ。この映画。
    泥酔

    P.S.アジカンの主題歌良かったー!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • いろ

    3
    2016/1/29

    あのときああだったら、あのときのあれって、っていうように考えさせる映画でした。ピンクからグレーに変わってからの後半が思っていたより長くてビックリしました。これから見る方、グレーに変わったら、もうすぐ終わりなんだと思わず見ることをオススメします。
    また、一人二役していて、演技がすごいと思いました。菅田将暉くん、夏帆ちゃんのギャップ演技、すごかった。
    最後に、白木蓮吾の遺書がそれぞれどんな内容だったのか、その中でどれを選んだのか、気になって見てたけど、内容は出て来ず。。
    最終的には「しょうもな」な遺書だったのかな^^;笑

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告