クレヴァニ、愛のトンネル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

クレヴァニ、愛のトンネル

2015年2月21日公開,85分
  • 上映館を探す

“そこでキスした恋人たちは、永遠に結ばれる”という伝説が残るウクライナに実在する“緑のトンネル”をモチーフに、現地ロケを行なったラブストーリー。20年前に失った恋人の幻影を追い求め、トンネルを訪れた男の姿を描く。主演は「映画 鈴木先生」の未来穂香。監督は「カリーナの林檎 チェルノブイリの森」の今関あきよし。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

8ミリフィルムの儚い映像に、若き日の柏木一葉(未来穂香)が映っている。撮影したのは、23歳の松田圭(水野勝)だ。当時、高校の新任教師だった圭は、生徒である18歳の一葉に想いを寄せていた。両親との関係がうまくいっていない一葉にとって、圭は唯一の理解者だった。2人の禁断の関係は、いつしか校内で噂になってしまう。そんなある日、圭は一葉を誘い、ドライブに出かける。甘い幸福に酔う2人を、思わぬ悲劇が襲う。圭が運転するクルマが事故に遭い、一葉が昏睡状態に陥ってしまったのだ。一葉の父親(嵯峨周平)から強い叱責を受けた圭は、教師を辞めて町を出る。それから20年。43歳になった圭(小山田将)は、寂れた工場で働いていた。片時も一葉のことを忘れることなく、彼女を撮影した8ミリを繰り返し映写して眺める日々。当時、一葉が語ってくれた伝説があった。ウクライナのクレヴァニに緑に覆われたトンネルがあり、そこでキスをしたカップルは、願いが叶うというのだ。さらに、亡くなった人の生命が復活する奇跡のトンネルとも……。圭は決意する。一葉が行きたがっていたそのトンネルに行ってみようと。仕事を辞め、海外用の小型炊飯器を用意して、圭はウクライナへと旅立つ。彼が握るおにぎりは、一葉の好物だった。もう一度、彼女におにぎりを食べてもらいたい……。ウクライナからバスに揺られ、クレヴァニのトンネルに辿り着く圭。一葉からおにぎりのお礼に貰った思い出の小石を飾り、トンネルに向かって8ミリカメラを廻していると、奇跡が起こった。18歳の一葉が現れたのだ。記憶を失っている一葉に、おにぎりを食べながら20年前の日々を語る圭。次第に彼女の意識も蘇ってゆく。しかし、一緒に日本に帰ろうという圭の提案に、一葉は沈黙。圭は、この再会を永遠のものにするため、ある考えを実行に移す……。

作品データ

製作年
2014年
製作国
日本
配給
アイエスフィールド=アルゴ・ピクチャーズ
上映時間
85分

[c]2014「クレヴァニ、愛のトンネル」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?