映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 歩け走るな!

ロバート・ラッセルフランク・ロスの共同ストーリーをTV・舞台のライター、ソル・サクスが脚色し、「不沈のモリー・ブラウン」のチャールズ・ウォルターズが監督したロマンティック・コメディー。撮影は「マイ・フェア・レディ」でアカデミー色彩撮影賞を獲得したハリー・ストラドリング、音楽はモダン・ジャズの大御所クインシー・ジョーンズが担当。出演は「がちょうのおやじ」のケーリー・グラント、「死刑台への招待」のサマンサ・エッガー、「ビッグトレイル(1965)」のジム・ハットンほか。製作は「アルバレス・ケリー」のソル・C・シーゲル

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

英国の実業家ラトランド(ケーリー・グラント)は、商用で東京へ来たが、予定より2日前の到着のためと、折りしも東京オリンピックの賑いでホテルは超満員である。しかし、英国大使館の世話で、若い女性クリスチーヌ(サマンサ・エッガー)の、アパートの隣室を借りることになり、ふたりの奇妙な共同生活が始まった。ラトランドは、建築専攻の学生で、オリンピックの競歩レースに参加しているスティーヴ(ジム・ハットン)と知り合いになる。彼が部屋のないことを聞くと、ラトランドはさっそく借りている部屋の半分を、彼に貸した。ただでさえ図々しいラトランドに手を焼いているクリスチーヌは、また1人男がやって来て頭にくる。しかしスティーヴがとても魅力的な青年だったので、2人を放り出すのを思いとどまるのだった。スティーヴとクリスチーヌはラトランドがいないと、きまって衝突した。そんな微笑ましい2人を見て、ラトランドは結びの神を演じようとする。クリスチーヌには、英国大使館のハバーザック(ジョン・スタンディング)という婚約者がいたのだが……。いよいよ距離30マイル、東京の街を歩く競歩レースの当日。ラトランド、クリスチーヌ、ハバーザックの3人は、人混みをぬいながらレース中のスティーヴを追う。この時ラトランドはスティーヴとクリスチーヌが結婚すれば万事うまくいくと思い、いろいろと骨を折る。レースが終わり、ハバーザックはあっさりクリスチーヌをあきらめる。ラトランドもスティーヴとクリスチーヌのむつまじい姿を見て、肩の荷をおろすのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Walk, Don't Run!
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア
上映時間 114
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 歩け走るな!