マジック・イン・ムーンライトのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マジック・イン・ムーンライトのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2015年4月11日公開,98分

ユーザーレビュー

3.6
  • みるみる

    3
    6日前

    風景も衣装も素敵な作品。お金持ちのお屋敷や舞踏会も様子も南仏らしくウキウキします。ストーリーは転がるように進みます。まさにウディ・アレンだなって感じ。スタンリーの婚約者が物分かりが良すぎだろって思いますが細かい事は置いといて軽やかなラブストーリーを楽しみましょう。
    コリン・ファースは年齢不詳の素敵さ。エマ・ストーンはちょこんとした可愛らしさでワンピースがお似合い。二人の歳の差が気にるかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • tom

    4
    2016/5/5

    ウディ・アレンらしい作品。
    おしゃれな大人のロマンスで
    登場人物の上品さが心地よい。
    主人公スタンリー(コリン・ファース)のひねくれ性格も
    全然嫌味っぽくなくて心地いいし
    占い師ソフィ(エマ・ストーン)の美しさが
    これまた心地いいので
    作品全体が心地よくって
    観終わった感想は「心地よかった」ですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • S

    3
    2016/2/5



    このお互い、隠し探り合う2人の仲は
    どうなるのか…
    というところが見どころなんだろうけれど
    ひねりない上にストーリーが読めてしまう

    もっと心の奥をひっかきまわすような
    やり取りを期待してしまう
    表面的な作品に感じた

    絵と、クラシックのBGMはとても良かった1本

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • どすん

    3
    2015/6/11

    1年に1回は映画を撮る、ウディ・アレン。
    すごいですね、その年齢からも。

    映画好きのストライキゾーンな監督。

    以前は、好きな映画とダメな映画があったのですが
    最近の監督映画はどれも好きな感じでした。

    ミッドナイト・イン・パリ
    最高でした。

    そんで、ローマでアモーレ。

    いつもならちょいとウィットの聞いた皮肉が入るような
    そんな監督なんですが・・・
    今回は恋愛だけに終始。

    ただ、主人公の
    エマ・ストーンはめちゃ可愛かった
    です。

    中国人に扮し、手品師として喝采を浴びる、スタンりー。
    自分中心の人物で周囲との関係もうまく築けない、築きたいとも考えていない。
    その楽屋に手品師仲間のサイモンに頼み事をされる。

    友人の大富豪の家に、アメリカから霊媒師が転がり込みその大富豪の信頼を集めているというのだ。
    特に、その大富豪の母グレースと跡取り息子のプライスが完全にはまっている。
    そんなわけで、スタンリーにその霊媒師のトリックを見破ってほしいというのだ。

    スタンリーは南フランスに住むその大富豪をサイモンとともに訪れる。
    そこで出会った、霊媒師ソフィに驚く。
    当初は皮肉な会話で、インチキ霊媒師と罵っていたが・・・
    笑顔が可愛く、そのチャーミングさの虜になっていく。

    生活をともにする中でその彼女の能力を信じ始めていく・・・

    ウディ・アレンの映画って
    どこか毒があったりするんですが、それもなく
    ちょっとうつ病気味の主人公
    (これは久々のキャラ復活??)
    の恋愛映画でした・・・

    ちょっと残念。
    う~ん、どう考えても
    きれいすぎる
    、この映画。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • やす

    3
    2015/5/19

    スタンダードな恋愛映画かもしれないけど、ラストは不覚にも目頭がじわっときた(笑)自分にも純粋な心が残っていたのかな。

    普段はバイオレンスな映画も良く観るので、バランスから言っても、こんな「ホンワカ系」は必要だな(自分にとっては)と感じた。

    批評等する気はなく、このあったかさを感じれた事に満足。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    3
    2015/5/16

    【賛否両論チェック】
    賛:登場人物同士の個性が際立っていて、滑稽。思いがけないラストも痛快。
    否:展開はかなり単調なので、興味がないと退屈すること請け合い。

     かたや超毒舌で、自分の気持ちに素直になれないマジシャン。かたや破天荒で、他人に心を開かない占い師。その両極端ともいえる個性的な登場人物との交流が、非常にコミカルかつハートフルに描かれていきます。そしてそんな中にあって、終わり方も非常に痛快で秀逸です。
     ただ、描写そのものはかなり単調なので、人によってはものすごく眠くなるかもしれません。あまり刺激の強くない、落ち着いた雰囲気の人間ドラマを観たい方にオススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    3
    2015/5/9

    まさに軽妙洒脱。なぜ歳をとる毎にこんな作品が撮れるのかと
    思うくらい、老年アレンのロマンティックは続いている。
    どうってことないおとぎ話(ってかウソ三昧)のコメディだけど
    最後までサラリと疲れることなく観終えることができる。
    あら、どうなるのかしら?この二人~なんて程良く心配させて
    しっかり〆るところも昔懐かしい恋愛マジック。
    このヒトは原作やら漫画やらに苦しめられることもないわね^^;
    しかしクソ真面目な顔したコリンがまぁ喋る喋る!このヒトの
    喋りが一番多い映画なんじゃないかと思うほど煩くて超愉快。
    お相手(若すぎる)エマに苦言を呈し皮肉る皮肉る!このオヤジ。
    そもそもなんで中国人マジシャンなの?^^;骨格で分かったけど
    不思議感が満載。現実的合理主義者のマジシャンっていうのが
    確かに彼っぽいといえば彼っぽいけど。美人霊能者にコロッと
    騙されるところなんか顔面そのものが常時仏頂面なので笑える。
    恋に落ちるのもある意味マジックなんだよなぁ…とは思うけど、
    音楽といい、ファッションといい、定番でビシッとキメながらも
    全く気負いない遊び具合が作風に顕れているところが才能の証。

    (どうかお願いします。誰か月光の下で私のことを騙して下さい)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ヨシノっち

    3
    2015/5/8

    ウディ・アレンお得意のパターン劇。
    もうお家芸のようなものなので、ファンとしては安心して楽しめる。
    南フランスの陽光が、映画全体を明るくしている。
    コリン・ファースは芸達者。
    エマ・ストーンは今まであまりいいと思わなかったが、この映画で初めて可愛く見えた^^

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Pilot

    4
    2015/5/5

    ウディーアレンさんらしいソフトなタッチのラブストーリーでした。
    バードマンで見たエマストーンさんとは、異なりとても可愛らしい感じがとても爽やかでした。
    英国王のスピーチで見ていた難しいキャラクターとは全く異なるファニーな味わいのあるコリンファースさんの役が

    スト-リー的にはベタなんですが、爽やかさが素敵な作品だと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 杉ちゃん

    4
    2015/4/19

     ウッディ・アレンらしい大人のラブストーリーで、「恋をするって素晴らしい」と昔懐かしい気持ちを思い出させてくれました。
     ヒロイン、ソフィ役のエマ・ストーンがとてもかわいくてこっちまで惚れちゃいそうでした。コリン・ファース演じる偏屈なキャラクターもウッデイ・アレン作品には欠かせません。笑って最後に誰もが「幸せな気分」になれる作品ですが、ソフィがスタンリーに惚れるきっかけがもう一声ほしかったので、★4つとしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告