あん|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あん

2015年5月30日公開,113分
  • 上映館を探す

「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を、「殯の森」では同グランプリを獲得した河瀬直美監督が、作家やパフォーマーとして活躍するドリアン助川が人はなぜ生きるのかという根源的な問いに迫った同名小説を映画化。小さなどら焼き屋で粒あん作りを任された元ハンセン病患者の女性の姿を、四季の情景を織り交ぜながら描く。偏見にさらされ続けても精一杯生きようとする女性を「わが母の記」で第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した樹木希林が、人生につまずいた雇われ店長を「KANO 1931海の向こうの甲子園」の永瀬正敏が、女性の良き理解者を「黒い雨」の市原悦子が演じる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)のもとに、ある日、求人募集の張り紙を見た徳江(樹木希林)がやってくる。彼女の勢いにのまれどら焼きの粒あん作りを任せたところ、あんの味が評判となりあっという間に店は大繁盛。失敗作のどら焼きをもらいにくる女子中学生・ワカナもだんだんと徳江に馴染んでいく。しかしかつて徳江がハンセン病患者だったことが広まり、客が一気に離れていった。この状況に徳江は店を去り、千太郎やワカナの前から消えてしまう。それぞれの思いを胸に、二人は徳江を探す……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本 フランス ドイツ
配給
エレファントハウス
上映時間
113分

[c]映画『あん』製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.3
  • Movie Walkerユーザー

    5
    2019/2/2

    アメリカ、ハリウッド馬鹿映画の対極にある、深い映画。観るものの人生観と哲学と教養に激しく問いかけてくる映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    4
    2017/2/16

    映画の内容を知らずに観たら、意外なことに重い映画であった。
    「私達も陽の当たる社会で生きたい」という重さ。

    樹木希林が見事な演技を見せる。それは、どら焼き屋の店長役をした永瀬正敏との相乗効果もある。

    しかし、この映画を観ると、美味しい「あんこ」を食べたくなる。
    そして人生とは?を考えさせられる。

    なかなか見られない佳作。

    <映倫No.120309>

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 鰹武士

    4
    2017/1/10

    樹木希林さん、いい味出していました。ほのぼのと、じわ~っと、心に沁みる暖かさでした。差別の中で生きてきても、相手を恨むこと無く、他人を思いやれる心、非常に暖かかったです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告