映画-Movie Walker > 作品を探す > S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE

S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREの画像

警察庁特殊急襲捜査班“NPS”の活躍を描く、ビッグコミック連載の同名作を基にした人気ドラマの初めての劇場版。犯人を生かしたままの確保を信条とするNPSのメンバーたちが、日本壊滅を目論む恐るべき敵に立ち向かう姿がつづられる。ドラマ版から続投の向井理綾野剛らに加え、宿敵・正木役のオダギリジョーなども出演する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 65
レビュー 16
投票 49
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 85% (17)
星4つ 85% (17)
星3つ 100% (20)
星2つ 40% (8)
星1つ 15% (3)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

警視庁特殊部隊“SAT”、警視庁特殊犯捜査係“SIT”に次ぐ“第3のS”として新設された警視庁特殊急襲捜査班“NPS”(=National Police Safetyresucue)。“SAT”の機動力と“SIT”の捜査権を併せ持ち、犯人の生死を問わない“制圧”ではなく、生かしたまま捕える“確保”を目的とした彼らは、発足以降、数々の事件で実績を積み上げ、日本の治安を守る新たな砦として注目を集めていた。平穏な日々の中、普段と変わらない生活を送る人々。だが、その日常を切り裂くように突如、バスジャック事件が発生する。神御蔵一號(向井理)を始めとしたNPSは、出動要請を受けて現場に急行。だが、一向に犯人からの要求はなく、メンバーは現場の状況に違和感を覚える。そんな中、太平洋沖で巨大な輸送船が何者かに乗っ取られる事件が発生。しかも、積載されている貨物は、日本全土を燃やし尽くすほどの核燃料。一体、誰が何のために?!未曾有の事態に備えて閣僚が緊急招集された首相官邸に、犯人を名乗る男から電話が入る。“裸で私はこの世に来た。裸で私はこの世から出て行かなければならない”スピーカーから響き渡るのは、因縁あるあの男の声だった……。進み始めた日本壊滅へのカウントダウン。そして、新たな“S”との共闘。この国の未来を取り戻すため、“S”最後の作戦が始まる……。

見たい映画に
登録した人
91

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 120
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 平野俊一
プロデューサー 韓哲大原真人下田淳行青木真樹
原作 小森陽一
原作作画 藤堂裕
脚本 古家和尚
企画 那須田淳
撮影 小林純一
音楽 高見優木村秀彬
音楽プロデューサー 志田博英
主題歌 MISIA
美術 永田周太郎
編集 松尾浩
録音 小高康太郎
スクリプター 田村寿美
エグゼクティブプロデューサー 渡辺正一
照明 小野晃
装飾 上原一晃
VFXスーパーバイザー 宮崎浩和
撮影監督 山本英夫
制作担当 田中敏雄馬渕敦史
制作統括 阿久根裕行
協力プロデューサー 大澤祐樹
技術プロデューサー 淺野太郎

キャスト

神御蔵一號 向井理
蘇我伊織 綾野剛
林イルマ 新垣結衣
香椎秀樹 大森南朋
速田仁 平山浩行
古橋誠二朗 池内博之
梶尾隆一 高橋努
棟方ゆずる 吹石一恵
神御蔵花 朝加真由美
棟方耕三 本田博太郎
横川秋 土屋アンナ
中丸文夫 高嶋政宏
霧山六郎 近藤正臣
天城光 菅原大吉
倉田勝一郎 青木崇高
南郷雅文 辰巳琢郎
正木圭吾 オダギリジョー
山中一郎 本宮泰風
嵐悟 平山祐介
上野耕司 渕上泰史

レビュー

テンポといい、危機感といい、ちょっと残念。

投稿者:shirokuma-kanna

(投稿日:2015/09/09)

リアリティやシリアスさという部分で言うと、セリフ、シーン展開…

[続きを読む]

支持者:0人

お世辞抜きで面白くて飽きない

投稿者:まるこ

(投稿日:2015/09/09)

エンターテイメントに特化していて飽きさせない話の展開、スケー…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE