母と暮せば|MOVIE WALKER PRESS
MENU

母と暮せば

2015年12月12日公開,130分
  • 上映館を探す

長崎で暮らす女性と原爆で亡くなったはずの息子が繰り広げるエピソードをつづる、山田洋次監督によるファンタジー。吉永小百合と二宮和也が不思議な体験をする親子役で初共演するほか、山田監督作の『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた実力派・黒木華が浩二の恋人・町子を演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1948年8月9日、長崎で助産婦をしている伸子の前に3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二が現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこれなかった」と語る浩二は以来、伸子の前に現れるようになる。浩二はかつての恋人・町子の事を気にかけながらも、「町子に好きな人ができたら諦めるしかない」という母の言葉を受け入れられなかった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
130分

[c]2015「母と暮せば」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.8
  • 水口栄一

    5
    1日前

    母と暮らせばを観た。この映画を観るたびに亡くなった母のことを思い出さずにはいられない。こんなに優しい気持ちにさせてくれる映画はない。最高だ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • jung

    4
    2016/9/26

    <レビュー確認中>

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • トチロー

    4
    2016/2/8


     小津安二郎監督の「東京物語」を「東京家族」に。市川昆監督の「おとうと」を「おとうと」に疑似リメイク? な作品を発表してきた山田洋次監督が、井上ひさし原作の「父と暮らせば」をもじった作品。

    「父と暮らせば」が広島の原爆で死んだ父親の幽霊と生き残った娘の話だったのに対し、本作は長崎の原爆で死んだ息子の幽霊と生き残った母親の物語になっている。

     大筋は二宮和也さん演じる息子の幽霊が吉永小百合さん演じる母親の前に現れて、生前恋人同士だった黒木華さんとの決別を軸に、母と昔の思い出を語っていくという趣向。もう~泣かせる泣かせるぅ。

     吉永さんはまるで本当にお母さんが息子を見る様な目をしているし、二宮さんは広島弁で戦時中の若者らしくオーバー掛かった芝居を、嫌味にならないサジ加減で上手く演じていました。

     ま~た久し振り? の加藤健一さんのまぁ相変わらず上手いことよ! 伝統ある? 山田演出を堪能しました。

     山田洋次監督初めてのファンタジーって言うけれど、全くの山田ワールドに入って行けました。

     ラストは二宮君と彼女の黒木華さんの決別に持ってくのかと思いきや、そこはやっぱし「母」なんですね、さすがに外さない、焦点がブレない脚本の持って行き方にも感動しました。



    続きを読む + 閉じる -
    違反報告