トレヴィの泉で二度目の恋を|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トレヴィの泉で二度目の恋を

2015年1月31日公開,97分
  • 上映館を探す

「愛と追憶の日々」のシャーリー・マクレーン、「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマー、アカデミー賞受賞経験を持つベテラン俳優2人が共演したラブストーリー。人生の晩年を迎えて出会った正反対の性格の男女が、少しずつ愛情を育んでゆく様子を描く。監督は「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォード。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人生の晩年を迎えたエルサ(シャーリー・マクレーン)には、まだ叶えていない夢があった。それは、ローマにある“トレヴィの泉”を訪れ、フェデリコ・フェリーニ監督が「甘い生活」で描いたような甘美なシーンに自分も立ってみたい、というもの。80歳のフレッド(クリストファー・プラマー)は7ヵ月前、長年連れ添った妻に先立たれ、失意のどん底にあった。娘リディア(マーシャ・ゲイ・ハーデン)の勧めで心機一転、住み慣れた家から小さなアパートメントへ引っ越したものの、心は沈んだまま。そんな時、隣に住むエルサが、リディアの車のヘッドライトを破損してしまう。修理代金の小切手を持ってフレッドの家を訪ねたエルサは、いつものクセでつい小さな嘘をつく。それは、未亡人である自分の年金で5人の孫たちを養っているという作り話だった。その嘘を信じたフレッドは、彼女に同情して小切手を返却。意外な行動に驚きつつ、その優しさにエルサの心は揺れ動く。“偏屈なジジイ”という最初の印象は、いつの間にか好意に変わっていた。けれど、楽観的で肯定的なエルサとは正反対のフレッドは、全てに対して悲観的で否定的。それでも、エルサの努力によって、冷え切っていたフレッドの心に少しずつ変化が訪れる。少しお洒落をして家を訪ねてきたフレッドに、“トレヴィの泉”に行きたかったこと、若い頃にピカソに絵を描いてもらったことなど次々と楽しそうに語るエルサ。その半分以上は愛嬌ある嘘で固められているものの、フレッドには刺激的な話だった。そして、一緒に散歩に出かけ、ダンス教室を訪れるうち、フレッドは笑顔を取り戻し、気づけば彼女に恋をしていた。まるで若い恋人同士のような2人の関係は順調そのものだったが、実はエルサはまだ秘密を抱えていた。そして、ある出来事をきっかけに、これまでのエルサの嘘がばれてしまう。すべてが明らかになった時、フレッドが取った行動とは……。

作品データ

原題
ELSA&FRED
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ=フランス
配給
アルバトロス・フィルム(提供 リヴァーサイド・エンターテインメント・ジャパン)
上映時間
97分

[c]2014 CUATRO PLUS FILMS, LLC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • ごっとん

    3
    2015/3/2

    二人の名優の共演だから、とっても安心して見られる映画でしたね。二人とも年齢は重ねてますが、すごく若々しく、可愛く見えてしむからさすがですね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 3
    2015/2/3

    やたらと高齢者の観客が多かったです。
    凄く楽しそうだったし、泣いている人も居ました。同世代の人たちには独特の感じる所が有るのかもしれません。

    ・・でも、あれ、シャーリー・マクレーンが演じるからチャーミングなのであって、普通の老女が真似したら本当にはた迷惑ですから。勘違いしないでいただきたい。
    そして映画館で鑑賞中自由に発言するのは控えてきた頂きたい。

    彼らは生活にも困らない。しょっちゅう子供たちが会いに来る、気ままな一人暮らし。とても幸せな老後よね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ぶんぶん

    4
    2015/2/1

    80歳と74歳の恋の行方は・・・・それにしても、なんとウィットに富んだ会話の数々・・・。真実などあってもなくても、今目の前にいる人との時間がすべて・・・そんな、当たり前のことに気づかせてくれる映画でした。
    久しぶりにスクリーンの中のシャーリー・マクレーンに出会えて、嬉しかったぁ~80歳といえども、なんとも魅力的。最初はしょぼくれた爺様に見えたのに、終わるころには素敵なジェントルマンに見えるのはなぜでしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告