ヴェラの祈り|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヴェラの祈り

2014年12月20日公開,157分
  • 上映館を探す

夫婦のすれ違いと孤独を描いた米国作家ウィリアム・サロヤンの小説「どこかで笑っている」を映画化。監督は、「父、帰る」のアンドレイ・ズビャギンツェフ。出演は、「父、帰る」に続き主演し、第60回カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞したコンスタンチン・ラヴロネンコ、「恋に落ちる確率」のマリア・ボネヴィー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夏を過ごすために、亡き父が遺した田舎の家をある家族が訪れる。美しい景色の中で静かに過ごす一家。しかし、妻ヴェラ(マリア・ボネヴィー)は夫アレックス(コンスタンチン・ラヴロネンコ)に思いがけない告白をする。「妊娠したの、でもあなたの子じゃない」。孤独より深い海の底を見てしまった女性の、妻であること、母であるという立場に納まりきれない感情の熱波は、家族そのものを飲み込み、やがて悲劇を引き起こしていく……。

作品データ

原題
Изгнание
製作年
2007年
製作国
ロシア
配給
アイ・ヴィー・シー(配給協力 コピアポア・フィルム)
上映時間
157分

[c]REN-Film [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?