映画-Movie Walker > 作品を探す > ダイヤモンドの犬たち

難攻不落のダイヤモンド地下金庫を襲撃する5人組と受けて立つ警備隊ボスとの対決を描いたアクション映画。製作はナット・ワックスバーガーパトリック・ワックスバーガー、監督はヴァル・ゲスト、脚本はヴァル・ゲストとマイケル・ウインダージェラルド・サンドフォード、撮影はデイヴィッド・ミリン、音楽はジョルジュ・ガルバランツがそれぞれ担当。出演はピーター・フォンダテリー・サヴァラスクリストファー・リーヒュー・オブライエンO・J・シンプソンモード・アダムスなど。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

世界有数のダイヤモンド会社として知られるシンジケーテッド・ダイヤモンド・コーポレーションの集積所は、南西アフリカの広大な砂漠にあって、その警備は厳重で、特に巨額のダイヤモンドが眠る地下金庫には、完璧に警備装置が二重三重にセットされていた。この地下金庫の警備隊に勤務する副隊長マイク・ブラッドリー(ピーター・フォンダ)は、ある日、隊長のネルソンから、街に潜伏してダイヤモンドの強奪を狙っているプロの5人組の計画を自ら囮になって未然に防ぐことを命令された。ネルソンの計画は、まずブラッドリーに会社のダイヤを盗ませ、それを土産がわりにして、ダイヤモンド強奪グループの仲間入りをさせようとするものだった。この計画はこの2人しか知らない秘密計画だった。やがて、ダイヤを盗み出したブラッドリーはそのダイヤを安物のネックレスにつなぎあわせて愛人のクレア(モード・アダムス)にプレゼントした。だが、そこにダイヤモンド・コーポレーション本社の警備本部長ウェッブ(テリー・サヴァラス)が現われ、クレアのネックレスから本物のダイヤをつまみ出した。うまくその場を逃げたブラッドリーに、事の一部始終を見ていたダイヤモンド強奪グループが仲間に入るようにすすめた。するとブラッドリーは、以前からダイヤを盗むことを計画していた事を彼らに話し、自らリーダーとなって計画をおしすすめることにした。早速、ブラッドリーは、仲間の1人をダイヤモンド工場の労務者として潜入させ、残る5人は、地下金庫に接近した。そして見事に大量のダイヤモンド強奪に成功した。果てしなく広がる大砂漠。ジープを飛ばして逃げるブラッドリー一味。その後を彼の裏切りで怒るウェッブが隊員を総動員して追った。2人、3人と仲間を射殺されたブラッドリーは、ようやくクレアと合流し、敵のヘリコプターを奪い取って飛び乗った。だが執念で追うウェッブは、長距離ライフルで、ヘリコプターを墜落させるのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 The Diamond Mercenaries
製作年 1975年
製作国 アメリカ イギリス
配給 東映洋画
上映時間 102
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ダイヤモンドの犬たち